『虚空の鎮魂歌』

虚空の鎮魂歌(レクイエム)
マルセイユの武器取締警視が捜査の為、これまで連絡を取っていなかった
パリの麻薬捜査刑事の娘に協力を依頼する...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:Mains armées(武装した手)
マルセイユ 武器密輸取締班
班長 リュカ・スカリ警視(ロシュディ・ゼム)
班員 シモン(ニコラ・ブリデ)妻ソフィ
   ジュリエット・サラ(ニナ・ミュリス)妊娠中 婚約者ケヴィン
   エクトール・フォレスティエ(26)(アドリアン・ジョリヴェ)殉職

ミシェル(ニコラ・マリエ)パリでの捜査に事務所提供
フォンブランNATO中尉 ゴラン逮捕に協力

パリ 麻薬捜査班
班長 ジュリアン・バス(マルク・ラヴォワーヌ)
   情報屋・押収物流用など
   情報屋ステファン・アソール レストラン ル・バウンド
班員 マヤ・デルヴィン(レイラ・ベクティ)
   スカリの娘だが3回しか会った事が無い
   同居人ナタリー(クレメンティーヌ・ポアダッツ) 別の署勤務

武器密輸
売り手ゴラン・アンチッチ NATOから横流し
コーチ=デュスターブ・アラナ 取引指示
買い手ケタン・シミッチ クラブ「ランダム」仲介

生まれてから3回しか会った事の無い父娘の捜査協力という設定が新鮮
銃弾に倒れた娘は助かったんだろうなぁ...
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年09月01日(土)01:47:36
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment