『清須会議』

清須会議

清須会議 スタンダード・エディション [DVD]

本能寺の変で織田信長亡き後、跡目相続・領地配分を協議した清須会議の5日間を描く...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞)

原作:三谷幸喜
総勢26名の超豪華キャストで贈る歴史エンタテインメント
清須会議 = 跡目相続・領地配分を協議する評定に家臣集結
織田四天王 … 柴田勝家・丹羽長秀/羽柴秀吉・(代理)池田恒興

【 人物相関図 】 (クリックで開閉)
『清須会議』人物相関図

本能寺の変
 織田信長(篠井英介) VS 明智光秀(浅野和之)
  侍従 森蘭丸(染谷将太)
  長男 織田信忠(中村勘九郎)-妻 松姫(剛力彩芽)武田信玄の五女
                  息子 三法師(津島美羽)

  弟 織田三十郎信包(伊勢谷友介)
  妹 お市様(鈴木京香) → 夫・愛息を殺され秀吉を恨む
               腹いせ!?に柴田勝家と祝言
     従者 小袖(瀬戸カトリーヌ)

清須会議(1582年)
 □ 次男 織田信孝(坂東巳之助)派
    柴田勝家(権六)(役所広司) → お市様に恋路
     貢ぎ物:らっきょう 獅子の置物(三十郎に使い回す) サザエの壺焼き
     お市様にうつつを抜かす勝家を見限った長秀の寝返りにより失脚
    策士 丹羽長秀(五郎佐)(小日向文世)秀吉に懐柔される
   「年上女房は年下のように、年下女房は年上のように思うて扱えばよい。
    これが夫婦円満の秘訣」 ... ホント策士よのう!!

    前田利家(犬千代)(浅野忠信) VS 枝毛
    滝川一益(左近)(阿南健治)清洲城に向ってひたすら走る
     途中、北条家家臣 更科六兵衛(西田敏行)に遭遇
     『ステキな金縛り』落ち武者「人間死んだら、お仕舞いよ」
    枝毛(天海祐希)”見掛け倒し”の忍び

 □ 三男 織田信雄(妻夫木聡)派 うつけ者
    羽柴秀吉(藤吉郎)(大泉洋)
     妻 寧(中谷美紀)宴会大将「もう一丁やろまい」
       松姫に金平糖(こんぺいとう)尾張弁がかなり大袈裟に使われてましたね
     母 なか(戸田恵子)
    会議を制止「1年以内に勝家を滅ぼす」
    ※翌年 賤ヶ岳の戦い(1583年4月)で秀吉は勝家を滅ぼした
    策士 黒田官兵衛(寺島進)

    池田恒興(勝三郎)(佐藤浩市)
    堀秀政(きゅうきゅう)(松山ケンイチ)三法師あやす
       子供のあやし方極意 … 「這い這い堂々」「木偶の棒」

裏方 前田玄以(でんでん)
   門番 義兵衛(近藤芳正)

「紅白対抗旗取り合戦」
  先方:○ 前田利家(浅野忠信)武術に長けるが走りは蟹走り
      × 池田恒興(佐藤浩市)足が攣った
  副将:× 柴田勝家(役所広司)黒田官兵衛の吹き矢が刺さる
      ○ 羽柴秀吉(大泉洋)
  大将:○ 織田信孝(坂東巳之助)
      × 織田信雄(妻夫木聡)旗を素通りし走り抜ける

「ロケ地」
 ・ 清洲城の広場や表門のシーンは長野県松代市
 ・ 真夏の旗取り合戦は真冬の浜松市篠原海岸
 ・ 寝殿造りに表現された清洲城の住居部分は東宝スタジオ第9ステージに作られたセット
  ※「清洲城」は現存しておらず、現地には模擬天守しか残っていない為、
   時代考証を重ねつつ「清洲城」の天守オリジナルで設計された。
   生憎、例年管理人が桜見に出掛けている「清洲城」は撮影に使われなかったようです(泣)

「付け鼻」
 大半は付け鼻だったが、篠井英介と伊勢谷友介は不要だったそうな(失笑)

【 三谷幸喜監督作品 】

「清須会議」公開に合わせて実施された
三谷作品のBEST順位アンケート「スキヨ会議」投票結果 当地映画館
 第一位 『ステキな金縛り』
 第二位 『THE 有頂天ホテル』
 第二位 『ザ・マジックアワー』
 第四位 『ラヂオの時間』
 第五位 『みんなのいえ』
 ※ 第一位の「金縛り」は直近のTV放映も影響しているのかな
 ※ 第二位の2作品は同票

関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2020年01月22日(水)22:38:17
ブログパーツ

Comment 1

There are no comments yet.

Hiro  

>かのんさん

TB有難うございました。
今回の三谷作品は時代考証との兼ね合いもあるでしょうが
コメディ要素が控えめでしたね。
>これって清洲会議ではなくて清須会議なんですね。
>洲と須どちらの漢字でもいいそうですが
ちなみに地元では、市名は「清須市」お城は「清州城」ですね。

2013/12/02 (Mon) 02:08

Leave a comment

Trackback 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 清須会議/役所広司、大泉洋
  • 三谷幸喜さんが自ら17年ぶりに書き下ろした小説を原作に脚本を書き上げ映画化した最新作です。前作でも落ち武者が出てきますし、TVドラマではNHK大河ドラマ「新撰組!」の脚本などを ...
  • 2013.12.01 (Sun) 18:19 | カノンな日々