『旅の贈りもの 明日へ』

旅の贈りもの 明日へ
定年を迎えた独身男性が高校時代
文通していた初恋の人を探すべく福井に向かう...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

『旅の贈りもの』シリーズ第二弾
仁科孝祐(前川清)兼倉建設 設計部次長 定年退職
  25年前離婚 娘 結花4歳
  斉藤(櫻井淳子 第一作からの?友情出演)見送る女子事務員
  鈴本(きたろう)同年の友人

別れた妻(二木てるみ)
  娘 里村結花(29)(山田優)結婚予定
  名古屋昭和区長屋町8-16-4

高校時代(葉山奨之)42年前絵ハガキ文通相手(大阪-福井)
  父 美大進学に反対 家出
  4/3 丸岡城で秋山美月(清水くるみ 注目!!)と逢う

  美月は東京の大学に行く約束をして孝祐と別れるが...
  父親の家出 母の認知症で、高校中退し、あわら温泉の旅館で働く事になる

秋山美月役清水くるみ
1994年7月16日生まれ ご当地 愛知県出身!!
2007年に開催されたアミューズ30周年
全国オーディションにて、6万5368人の応募の中から、
グランプリを獲得

現代(酒井和歌子)出張美容師
  ラーメンの福引で残念賞として貰った桜の木で再会
  絵ハガキの交流を再開する
  徳俵(徳井優)旅館協同組合員 美月の消息を電話で問い合わせ

このエピーソードは必要!?
久我晃(葉山奨之)スランプのバイオリニスト
  白井隼人(白井淳夫)サックス奏者

秋山美月の住む福井の町並み・名勝が一杯
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2017年08月08日(火)21:23:28
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment