cinema-days 映画な日々

『最高の人生の選び方』

2014/02/03
ジェフ・ブリッジス ジャスティン・ティンバーレイク
最高の人生の選び方
病床の母親の希望で、別れた父親を
元カノと一緒に連れ戻しに行く息子の物語...

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:The Open Road

【スポンサーリンク】
日本で劇場未公開なのが信じられません。
出演陣が豪華で、特にジェフ・ブリッジスが良い。

父 カイル・ギャレット(ジェフ・ブリッジス)
  プロ野球の往年の名選手背番号11 アリゾナ在住
  4年間息子と音信不通 身体ガタガタ薬飲む
  「責任とか約束を果たす事を逃げたがる」
  「今日に勝る明日はない」
  オハイオ州でサイン会 空港で財布を忘れ飛行機に乗れず
  レンタカー赤のハマーでテキサス州ヒューストンに向う

息子 カールトン(ジャスティン・ティンバーレイク)
  マイナーリーグ「フックス」の現役選手 スランプ
  短編のネタ帳をつける作家志望

母 キャサリン(メアリー・スティーンバージェン)
  心臓疾患で病床 カールトンにカイルを連れて来る様依頼
  「人っていうのは生きている内に、たった一人の運命の人と出会うの。
   幾ら、抗っても、他に誰と出会おうとも、運命の相手以上には愛せないものよ」

祖父 アモン(82)(ハリー・ディーン・スタントン)
  キャサリンが入院した事を出征先のカールトンに連絡
  「生きる事は失敗の連続さ。それが人生だ。
   失敗しても立ち向かって行く事。それが何よりも大事だぞ」

元カノ ルーシー(ケイト・マーラ)学校の教師
  カールトンは移籍時、野球に集中したいと彼女を捨てる
  現恋人ジェイソンからプロポーズされている
  『ザ・シューター 極大射程』『127時間』で取り上げ
  カイルが財布を隠していた事を2日間黙っていた事でカールトンと口論
  搭乗直前にカイルが行方不明となり、先に帰宅

メンフィス
  定宿「ザ・ピーバディ」アヒルのパレード 1933年-
  バーテンダー(ライル・ラヴェット 只者ではありません)
    代金のツケ先を聞き父親の部屋を知り押し掛ける
  母 感染症に罹り、緊急手術 手術成功

  カールトンは野球に見切りをつけ、ライターに転身
  父子の関係修復 元カノとも復縁...メデタシ・メデタシ
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【洋画】[サ行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【洋画】[サ行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook