国府宮はだか祭 (2014年)



当ブログで取り上げる毎年恒例行事の1つ「国府宮はだか祭」が
最高気温10℃の中、行われました。
上記の写真は、拙宅界隈を通過する裸男の集団です。(2/12 PM1:45)

見物客は愛知県稲沢市の国府宮神社発表で約20万人
祭りは「儺追神事」とも呼ばれ、約1,200年前から続く伝統行事で、
籤で選ばれた「神男」に触ると、厄が落ちるとされる。

PM4:55頃、神男が参道に現れると、鉢巻きにふんどし姿の
「はだか男」約9千人が神男に殺到。神男に触れようと、
建て替えられた儺追殿収容まで揉み合った。

稲沢市民病院搬送者(PM7:00現在 103人体制)
・ 急性アルコール中毒:21人
・ 泥酔などして負傷した人や体調不良を訴えた人:12人

裸男の集団より 赤色・黄色・水色・紫色 の儺追布(なおいぎれ)を頂きました。
早速、車の運転席に付けようと思います。(感謝)
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年02月18日(月)04:28:06
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment