『バンクーバー朝日軍』 映画化

『バンクーバー朝日軍』(12/20公開予定)
監督:石井裕也
出演:妻夫木聡 亀梨和也 勝地涼
上地雄輔 池松壮亮 佐藤浩市 鶴見辰吾
戦前のカナダに実在し、スモールベースボールで白人社会からも
称賛された日系人野球チーム「バンクーバー朝日軍」を基にした実話

遊撃手ショート レジー笠原:妻夫木聡
   父 笠原清二:佐藤浩市
投手ピッチャー ロイ永西:亀梨和也
捕手キャッチャー トム三宅:上地雄輔
二塁手:勝地涼 三塁手:池松壮亮

妻夫木:「差別や排斥運動など厳しい境遇の中で生きた彼らの誇りを胸に、
演じるという事を良い意味で忘れて、この世界で僕自身もはいつくばって生きていきたい」
妻夫木聡&石井裕也監督コンビは『ぼくたちの家族』からの続投となる。
亀梨:「当時の野球スタイルを一から学び考えて、
日本人としてこの歴史をしっかりと胸に刻みたい」

栃木県足利市に劇中の舞台となる両翼75mの「パウエル球場」のセットを設置
縦130m、横150mの土地に球場と外国人街・日本人街を再現

[野球映画ラッシュ]
『KANO』(台湾にて2/27公開予定)
 1931年の日本統治時代に台湾から夏の甲子園に出場し準優勝した
 嘉義農林学校(略して「嘉農(KANO)」)野球部の活躍を描く。
 日本人監督役に永瀬正敏。大沢たかお 坂井真紀 伊川東吾共演
アゲイン』(今秋 H27.1.17.公開予定)
 重松清の小説の映画化。「マスターズ甲子園」を舞台にしたヒューマン物語。
 中井貴一&柳葉敏郎が登板 期待大!!
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2017年08月09日(水)02:38:51
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment