「2014年本屋大賞」

全国の書店員が「最も売りたい本」を選ぶ第11回「本屋大賞」の受賞作品が
4/8発表された。
大賞作品:和田竜 著 『村上海賊の娘 上巻

村上海賊の娘 上巻
村上海賊の娘 上巻
posted with amazlet at 14.04.08
和田 竜
新潮社
売り上げランキング: 3

今回は一次投票には全国479書店より605人、二次投票には
330書店より386人が投票。
二次投票ではノミネート作品を全て読んだ上でベスト3を
推薦理由と共に投票。
第二位 木皿 泉
『昨夜のカレー、明日のパン』
第三位 辻村深月
『島はぼくらと』
第四位 岩城けい
『さようなら、オレンジ』
昨夜のカレー、明日のパン島はぼくらとさようなら、オレンジ (単行本)
第五位 万城目学
『とっぴんぱらりの風太郎』
第六位 長岡弘樹
『教場』
第七位 柚木麻子
『ランチのアッコちゃん』
とっぴんぱらりの風太郎教場ランチのアッコちゃん
第八位 いとうせいこう
『想像ラジオ』
第九位 森見登美彦
『聖なる怠け者の冒険』
第十位 中村文則
『去年の冬、きみと別れ』
想像ラジオ聖なる怠け者の冒険去年の冬、きみと別れ
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2017年11月16日(木)20:00:58
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment