『世田谷駐在刑事2』

TBS系月曜ゴールデン (H26.4.7.PM9:00-10:54)
副題:鬼コバと怖れられた刑事が世田谷の駐在に!
   「高級住宅街にうず巻く見栄と欲望…
   紙袋に2千万円!父が隠し通した衝撃的真実とは?」



1年10ケ月ぶりにシリーズ第二弾登場 [第一弾
原作:濱嘉之 『鬼手 世田谷駐在刑事・小林健
監督:坂梨公紀 脚本:安井国穂  視聴率:10.8%
小林健(哀川翔)世田谷駐在
  元特命課刑事”オニコバ(鬼の小林)”
 妻 陽子(羽田美智子) 前夫 加藤殉職
 連れ子 修平(山崎竜太郎)友達 鈴木一生

地域課五十嵐係長(正名僕蔵)
 恋人 益岡由美(安藤聖)ケーキ店店員
  父 益岡正也(北見敏之) 元旋盤工
   家族用に北斗七星ペンダント3つ作成
   レストラン三島 狂言強盗 被害額8,000万円
   警備員刺殺 強盗傷害致死 懲役20年 3日前出所
 母 佐々木正代 バブルがはじけ、女を作り酒で暴力を振るう益岡から逃げ出す
  三島と益岡の接点:20年前、益岡が正代に金をせびりに来た
  吉永辰夫(樋浦勉)元レストラン三島コック
   昭和9年生まれの一人暮らし 風邪で寝込む ビーフシチュー差し入れ

警視庁特命課 神代(くましろ)管理官(嶋田久作)
 部下 妹尾(川本淳市)
世田谷中央署 山吹刑事(ベンガル)

三島家
三島慶市(大高洋夫)レストランチェーン店
 妻 田口 瞳(筒井真理子)女優
 息子 三島真吾 (佐野和真)
 家政婦 佐々木正代(烏丸せつこ)

事件
① 田口瞳のアクセサリー等盗難事件 被害額500万円
 後日、被害届取り下げ 真吾が西田に渡していた

② 西田守(23)自称インディーズミュージシャン 射殺される
 殺害現場の遺留品 切り出しタイプのペンダント=正代のもの

 不良グループの対立 流れ弾で鈴木一生少年負傷
 オニコバ復帰 神代管理官と密造拳銃摘発
 顧客リスト押収 コインロッカーで銃を受け取る若い男=三島真吾

 西田が真吾を恐喝 ネックレス等を質屋で換金
 真吾 → 西田を射殺 正代が拳銃預かる

③ 益岡正也 自殺 西田殺しに使われた銃で腹部2発(線乗痕ライフリング一致)
 1発目 正代 → 正也 真吾の取り調べ中に銃が使われる事による捜査攪乱
 2発目 正也が自ら撃つ 久美・正代を守る為
 「星が見える。星が見られて良かった。あいつらに会えて良かった」

正也は服役中に西田の知人に金が入る事を漏らし
西田はそれをネタに真吾を恐喝していた。

正也は慶市から貰った2,000万円を久美に届け、残りの2,000円の半分を
正代に渡すつもりだった。(報道による騒動で200万円しか用意出来なかったが)

残念ながら、第一作の方が良かった。
 監督が代わりました。村松弘之 → 坂梨公紀
 安藤聖より水谷妃里かな。
 警察側に前作では宮本大誠が出演していましたが
 今回は、川本淳市に気付きました(前回も出ていたかな...)
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2020年05月07日(木)23:21:34
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment