cinema-days 映画な日々

『HIT & RUN』

2014/05/10
ブラッドリー・クーパー
ヒットエンドラン [DVD]
ヒットエンドラン
証人保護プログラムの下、素性を隠してた男が
恋人を届ける為、警察・ギャングに追われる中
改造車をロスまで800km走らせる...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:Hit and Run

【スポンサーリンク】
ミルトン → ロサンゼルス 800km

チャーリー・ブロンソン(ダックス・シェパード 監督・脚本兼務)
 ユル・パーキンス(ユル・ブリンナーから取る)
  銀行強盗グループの逃し屋13回
  証人保護プログラム下4年
 父クリント・パーキンス(ボー・ブリッジス ジェフ・ブリッジスのお兄さん)
  67年リンカーンコンチネンタル改造車
  改造2年14,000ドル 700馬力
恋人アニー・ビーン(クリステン・ベル)
 ミルトン・ヴァレー大学からカリフォルニア大学へ
 仲介事務局デビー(クリスティン・チェノウェス)から
 面接官 弟サンディ(ショーン・ヘイズ)に口利き
 元彼ギル(マイケル・ローゼンバウム)元同僚教師

連邦執行官ランディ(トム・アーノルド)チャーリーを連れ戻す為、追跡
 やたら発砲・サイドブレーキかけず無人車暴走
地元警官テリー・ラスビン巡査(ジェス・ローランド)ゲイ・サーチ・アプリ駆使

銀行強盗仲間
 アレックス・ディミトリー(ブラッドリー・クーパー)8ケ月拘禁
  フィリピン人にオカマ掘られる
 アレン(ライアン・ハンセン)クリントにボコボコにされる
 ネヴ(ジョイ・ブライアント)元ユルの婚約者

キース・イェート連邦保安官(ジェイソン・ベイトマン)最終聴取

一旦はアレックスたちに捕まるチャーリーだが、
ラリーに出続けていたクリントのテータム700馬力の改造車で
カリ大の面接にセーフ

トランザム7000』ばりのカーアクション
ランディが撃った弾がアレックスに当たり逮捕 航空局に昇進...
チャーリーが実家を訪ねた場面の BGM は「ノッキング・ヘブンズ・ドア」使用
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【洋画】[英数行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【洋画】[英数行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook