『悪の法則』

悪の法則
弁護士が求婚するのに用意したダイヤの指輪の為、
麻薬ビジネスに加担するが...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:The Counselor(弁護士)
登場する悪人どもが皆、詩人で格言を吐く
「真実に温度などない」
「悲しみでは何も買えない。何故なら悲しみには”価値”がないから」
「懐かしむって失ったものが戻るように願う事」

弁護士(マイケル・ファスベンダー)
    恋人ローラ(ペネロペ・クルス)求婚の際、ダイヤの指輪用意
    ”警告のダイヤ”3.9カラット アッシャー・カット VS-1
    代金の為、2年前に断った麻薬ビジネスに参加

    国選弁護ルース(ロージー・ペレス)テキサス州立刑務所収監中の女囚
       息子バイクスピード違反206マイル=時速330k/h 罰金400ドル
       実は組織の運び屋で、ジェイミーの待ち伏せに遭い、首転がる

仲介人ウェストリー(ブラッド・ピット)
    メキシコの麻薬カルテル
    下水処理会社デザート・スターの汲取り車に隠しヤク密輸
    625kg 2000万ドル相当のブツ    

ライナー(ハビエル・バルデム)ナイト・クラブ経営
    忠告:ミッキー・ロークのセリフ引用「それが俺の忠告だ。”止めておけ”」
    共同経営のクラブの壁面『戦艦サンパウロ』のスティーヴ・マックィーン
    愛人マルキナ(キャメロン・ディアス)密輸麻薬の横取り計画
        マイケル(ゴラン・ヴィシュニック)投資アドバイザー
        ジェイミー(サム・スプルエル)ワイヤーでバイカーの首落とす
 
        ブロンドの女(ナタリー・ドーマー)ロンドンに着いたウェストリーに接近
    チーター2匹 シルヴィア ラウール 弱肉狩り


麻薬カルテルに追われる事になったカウンセラーとローラが落ち合う事にしたのは
何と3日前に見たばかりの『私にもできる! イケてる女の10(以上)のこと』の舞台
アイダホ州ボイシ だった。こんな事もあるもんだ。。。。。

スターが次々と消されて行く(リドリー・スコット監督だから出来る事!?)
① ライナー(ハビエル・バルデム) … 麻薬カルテルの車2台に追われ
  挙句に額を撃ち抜かれる。更に少年らが遺体から身ぐるみ剥ぐ
② ローラ(ペネロペ・クルス) … 空港駐車場で拉致され、ゴミ捨て場に捨てられる
  カウンセラーの部屋に届けられたDVD「HOLA」にはその模様が撮られている!?
③ ウェストリー(ブラッド・ピット) … ロンドンに逃れたが
  ランニングマンに「ボリート」を掛けられワイヤーで頸動脈出血死
全ての黒幕は、黄色のフェラーリのフロントガラスで開脚セックスする
マルキナ(キャメロン・ディアス)だった!!恐るべし

「犯した過ちを取り消そうとする世界は、過ちを犯した世界とは、もはや違う」
「今、あなたは岐路にいて道を選びたいと思う。だが、選択は出来ない。
 受け入れるだけ。選択はずっと前に行われたのだ」
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年05月06日(日)03:06:49
ブログパーツ

Comment 4

There are no comments yet.

Hiro  

>emanonさん

TB有難うございました。
ペネロペ・クルスとキャメロン・ディアスが、いつもと逆転した感じ
配役になっていました。

2014/09/23 (Tue) 08:19

Hiro  

>margotさん

TB有難うございました。
ハビエル・バルデムのペアがペネロペ・クルスじゃなくて、
キャメロン・ディアスだったのがミソでした。

2014/09/23 (Tue) 17:01

Hiro  

>真紅さん

TB有難うございました。
額に弾丸を撃ち込まれてイチコロとなったハビエル・バルデム氏
遺体となって転がる所をチータ2頭が歩き去るシーンに
微動だとせず、彼の役者魂を見た。

2014/09/23 (Tue) 21:36

Hiro  

>オリーブリーさん

TB有難うございました。
悪い事やるんなら、それなりの覚悟をしてかかれって事?
生半可な気持ちじゃ、根こそぎ持ってかれますよ

2014/10/01 (Wed) 23:39

Leave a comment

Trackback 4

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  • 「悪の法則」
  • 「The Counselor」2013 USA/UK カウンセラーに「プロメテウス/2012」のマイケル・ファスベンダー。 ローラに「ローマでアモーレ/2012」のペネロペ・クルス。 マルキナに「ホリデイ/2006」「べガスの恋に勝つルール/2008」「私の中のあなた/2009」「運命のボタン/2009」「モネ・ゲーム/2012」のキャメロン・ディアス。 ライナーに「トゥ・ザ・ワ...
  • 2014.09.23 (Tue) 09:50 | ヨーロッパ映画を観よう!
この記事へのトラックバック
  • カウンセラーの失敗~『悪の法則』
  •  THE COUNSELOR  メキシコ国境の町、エル・パソ。若くして成功した弁護士(マイケル・ファスベン ダー)は、恋人ローラ(ペネロペ・クルス)との結婚を考えていた。自らを過信した 彼は、麻薬絡みの危ないビジネスに手を染める。  ↑ いつも感想の冒頭に置く 「あらすじ(のような覚書)」 は、基本的に自分 の記憶に基づいて書いている。しかし...
  • 2014.09.23 (Tue) 09:55 | 真紅のthinkingdays
この記事へのトラックバック
  • 悪の法則
  • メキシコ国境付近。 通称カウンセラー(マイケル・ファスベンダー)と呼ばれる弁護士は、恋人ローラ(ペネロペ・クルス)との結婚も決まり人生の絶頂期にあった。 実業家のライナー(ハビエル・バルデム)と裏社会の麻薬ブローカー、ウェストリー(ブラッド・ピット)と手を組み、新ビジネスに着手することになるが…。 欲望に駆られ、裏社会のビジネスに手を出した弁護士が、危険な罠に堕ちて行く姿...
  • 2014.09.29 (Mon) 01:13 | 心のままに映画の風景