『フローズン・グラウンド』

ローズン・グラウンド
転職間近の部長刑事が最後の事件として扱う事になった
殺人事件は、数年に亘る連続殺人の端緒に過ぎなかった...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:The Frozen Ground
「アンカレッジ女性連続殺人事件」の映画化
曲者俳優二人 ニコラス・ケイジ VS ジョン・キューザック の競演が見どころ
転職間近の部長刑事役がニコラス・ケイジ
連続殺人の容疑を掛けられる地元の善良市民役にジョン・キューザック
逆パターンでも十分に成立するストーリー

舞台:1983年アラスカ州アンカレッジ

被害者シンディ・ポールソン(ヴァネッサ・ハジェンズ)暴行監禁を受け救助される娼婦
   『エンジェル ウォーズ』『スプリング・ブレイカーズ』 で紹介
   ヒモ クレイト(カーティス“50セント”ジャクソン) 借金チャラ話に乗り、ハンセンの手先に殺される
容疑者ロバート・ハンセン(ジョン・キューザック)地元善良市民
  敬虔な妻 子供二人あり 過去に同様の事件の嫌疑あり
  趣味:狩猟 自家用機セスナ所有

州警察
ジャック・ハルコム(ニコラス・ケイジ)部長刑事 石油会社に転職予定
  妻アリー(ラダ・ミッチェル)シンディを泊めるに反対
  相棒ライル( ディーン・ノリス )巡査部長

連続殺人被害者:エンドロールで一人ひとり紹介される
  シェリー・モロー(23)別名ジョージア 遺体発見
  スー 姉モアヘッドにより捜索依頼 お揃いのブレスレット渡される
ハンセンの自供
  ジャックがモアヘッドのブレスレッドを証拠品押収のフェイクとして使用
  接見したシンディにハンセンが一言「殺しておけばよかった」
  罪状 17件の殺人(遺体11人)30件のレイプ
      仮釈放なしの懲役461年と終身刑

その後 ハンセンの余罪 継続捜査中
  ジャック転職せず、刑事局のトップ迄全う
  シンディ 米本土で結婚 3児の母
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年07月28日(土)22:20:56
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment