南紀旅行 二日目 2014年10月16日(木)21:40:26

ホテルチェックアウト AM8:45
  朝風呂 AM5:30
  朝食 AM7:00 バイキング

[二日目]
1.すさみ八景 陸の黒島・沖の黒島
2.串本海中公園
3.潮岬灯台
4.樫野埼灯台
5.海金剛
6.無量寺・応挙芦雪館

すさみ八景 陸の黒島・沖の黒島 AM10:30
  道の駅「イノブータンランド・すさみ」の東トンネルを出て直ぐの所に擦れた看板
  ※トンネルを入る手前には「高浜海岸・千畳敷」の看板もあります。

  真っ二つに裂けた波が再びぶつかり合う様は、「合掌波」や「婦夫波(めおとなみ)」と
  呼ばれ、枯木灘を代表する奇観。「婦夫波観 恋人岬」の看板の所がビューポイントのよう

串本海中公園 AM11:30
  水族館 ウミガメパーク・水中トンネル
  海中展望台 海中観光船 ステラマリス
  これに「くじらの博物館」をセットにしたチケット ¥2,900がお得
  ※引換券の有効期間は1週間

  ① 半潜水型海中観光船ステラマリス PM12:00 - PM12:25
    船名:stellaが「星」marisが「海」 登録正式名には「丸」が付く
    航路:海中公園から出航し、ラムサール条約登録の錆浦・有田沖を周り、
    潮岬西海岸を経由して出発点海中公園まで約25分運航(30分間隔)

    一昨日の台風19号の影響で昨日は欠航 海底は今ひとつの状況
    乗船者は管理人の他 もう一組だけでした。(無量寺で再会)

  ② ウミガメパーク AM11:40
    体重100kgを超す親ウミガメに餌を与える
    ※和(なごみ)わかやま まるごとスタンプラリー クーポン券で餌(¥200)付き
    8月に生まれたばかりの赤ちゃんウミガメが身近で見られる


  ③ 水中トンネル式大水槽 長さ24m 幅2.5m 水量1,250t PM1:35
    サメ エイ クロマグロなどの大型回遊魚が遊泳


  ④ 海中展望台 PM12:30
    沖合140m 水深6.3mの海底の模様 今回はカラフルな魚がいなくて残念!!
    一面に魚が滞留していました。1つの窓を占領状態です(笑)
    白浜にもありましたネ。


潮岬灯台 PM2:20 よく天気予報で出てくる岬です!!
  東経135度45分16秒 北緯33度26分15秒 本州最南端に位置する灯台
  高さ 地上から20m 水面上から49m 光度97万カンデラ 光達距離19海里
  駐車場 ¥300 海上保安部の管轄なんですね 入場料 ¥200
  結構急な螺旋階段が68段あります。(写真 左)
樫野埼灯台(かしのざきとうだい) PM3:10
  1870(明治3)年に点灯され、今もなお現役の日本最古の石造り灯台
  こちらは外付けの螺旋階段 見学無料(写真 右)
  駐車場から灯台までの間にトルコ記念館(閉館中)トルコ軍艦遭難慰霊碑がある。
  途中、小雨がパラついたが、駐車場に戻る迄にあがり、虹が出ていた!!




海金剛 PM3:40
  朝鮮半島の名勝 金剛山から名を取った南紀屈指の景勝地
  高さ50mの切り立った断崖が海に垂直に落ち込み、岩礁に荒波が
  砕ける様は圧巻。動画はタカノス園地から撮影
  岩肌に近い阿野木展望台からの景色も見ておきたい。


無量寺・応挙芦雪館 PM4:15
  無量寺 … 臨済宗東福寺派の古刹 現在の場所には300年前移設
  串本応挙芦雪館「日本一小さい美術館」 入館料 ¥1,300
  円山応挙・長澤芦雪らの作品を展示
  受付時間が過ぎており、外観だけ写真に撮っておこうと寄った処、
  ステラマリスで同船したご夫妻が観覧中で、ご一緒に見せて頂きました。
  開館時間過ぎにも拘らず、丁寧なご案内に感謝です!!



  無量寺にあるのはデジタル再製画 美術館にあるのはレプリカ
  実物は収蔵庫内に配置・展示されている
  館内では『~美の巨人たち~』のVTRを上映
  訪問者:平山あや 山下裕二(明治学院大学教授) ナレーション:小林薫
  解説によると「虎図」は裏面の魚を狙う猫の姿を魚側から描いたものらしい

  案内によると、「開館20周年記念 円山応挙展 ―江戸時代絵画 真の実力者―
  (2013年3月1日 - 4月14日)か好評だった為、
  「虎図」は3年後に愛知県美術館で企画されている芦雪展
  招聘される予定だそうです(忘れずに覚えておこう!!)
  ※「虎図」は4年前に名古屋城にて展示
  開府400年記念名古屋城特別展「武家と玄関 虎の美術」
  (2010年9月25日 - 11月7日 )

  ホテルチェックイン PM5:15 窓から橋杭岩が見られる部屋でした。
  ※今年4月に能登に行った際に泊まったホテルと同じ系列
  夕食 PM6:00 日本料理
  風呂 PM8:40 ピアノ・三味線の生ライブ - PM9:30
  

「エルトゥールル号遭難事件」を映画化
  『海難1890』(2015年12/5公開予定)
  日本とトルコ合作 製作:東映 監督:田中光敏 脚本:小松江里子
  出演に渡辺謙を交渉中だとか!?
  内容:1890年9月16日、明治天皇への謁見を終えたトルコの使節団を乗せた
  軍艦エルトゥールルが座礁・沈没。600名以上の乗組員が夜の海に投げ出され
  多くの犠牲者が出た一方、付近の漁村の住民たちが献身的な処置にあたり
  69名の命が救われた。『飛べ!ダコタ』の軍艦版か

  

  映画は、125年前に和歌山沖で座礁したトルコ軍艦の乗組員を現地の人々が
  救助した「エルトゥールル号海難事故」と、その95年後の
  「イラン・テヘラン在留邦人救出劇」という2つの史実を描く。
  [追記](H27.6.5)
  キャスト:内野聖陽 ケナン・エジェ 忽那汐里 アリジャン・ユジェソイ
  小澤征悦 宅間孝行 大東俊介 渡部豪太 徳井 優 小林綾子 螢雪次朗
  かたせ梨乃 夏川結衣 永島敏行 竹中直人 笹野高史
  残念ながら、渡辺謙の出演は無かったようだ。 


  [一日目][三日目

【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 南紀 串本  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。
最終更新日時: 2017年09月16日(土)21:59:55ブログパーツ このページのトップへ

コメントの投稿 [0件]

非公開コメント

 商品検索

タグ [上位30件]



 カテゴリ&月別一覧
 
 最新記事紹介
視察研修2017年 2017/10/20
『刑事ゆがみ』 第二話 2017/10/19
『スタンドオフ(2016) 』 2017/10/19
『金メダル男』 2017/10/15
「ブラック星博士の東海征服計画2017」 2017/10/15
『ブラック・ファイル 野心の代償』 2017/10/14
『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』 2017/10/13
ペイントで丸枠写真を移し替える方法 2017/10/12
博物館 明治村 (2017年) 2017/10/09
『ロング・トレイル!』 2017/10/06
 週間人気記事
 Trackback
 Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第76位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第37位
アクセスランキングを見る>>