cinema-days 映画な日々

『検事・霧島三郎』

2014/12/15
柳葉敏郎 黒谷友香
月曜ゴールデン 『検事・霧島三郎
ホステス殺しの容疑者は消えた恩師!投薬の期限が迫る中、
ゼネコンがらみの不正が浮かび上がる!事件解決の証拠はどこにあるのか!?
12/15(月)TBS PM9:00 - PM10:54 視聴率:9.7%

『検事・霧島三郎』


演出:生野慈朗 脚本: 伴一彦 原作: 高木彬光
出演:柳葉敏郎 東 幹久 黒谷友香
【スポンサーリンク】
柳葉敏郎版霧島三郎の新シリーズ
キバちゃんの検事姿は、やはり室井管理官を思い出させる。
黒谷友香さんは映画では、『TANNKA短歌』のベリーダンスや
極道の妻たち Neo』の姐御のイメージが強いが、TVドラマでは
キュートな お転婆娘役も多く、中村雅俊とのコンビ『漬けモノ学者・竹之内春彦』のpart2も見たい。

脚本の伴一彦作品はバブルの頃、トレンディドラマを見てました。
『君の瞳に恋してる!』『恋のパラダイス』『結婚の理想と現実』
管理人も、この頃が一番TVドラマを見ていた気がする。

事件の取っ掛かりとなるホステス エリカ役は水谷妃里
早々に殺されてしまうのだが、どの作品でも彼女の名前があれば、
探してしまう...『世田谷駐在刑事

不自然な展開がちょこちょこあった。
竜田の失踪 別荘なんかあれば、真っ先にそこを探しそうだが...
あれだけ、目茶目茶に荒らされていたら、直ぐに警察に届けるでしょうに。
墓地で万年筆を拾った時点で「犯人は東 幹久」と丸判り

顛末
ゼネコン会社 豊浜建設と EIコンサルティングの癒着 裏金30億円
裏帳簿をエリカが竜田弁護士(西郷輝彦)の役に立とうと持ち出し
河辺弁護士と争い殺され、始終を目撃していた元夫・小林毅(若山慎)も殺されたのでした。

河辺弁護士役東幹久183cm 桑原警部役平山祐介185㎝ と並ぶと
キバちゃん171cm がちっちゃく見えるのも致し方ない。
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【テレビ】[ドラマ]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【テレビ】[ドラマ]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook