『ゼロ・グラビティ』

ゼロ・グラビティ
無重力空間に投げ出された
女性宇宙飛行士が地球に生還する迄を描く...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:Gravity(無重力空間)
宇宙遊泳を体感する大型スクリーンで観るべきジェットコースタームービー
上映時間91分 の短尺 主な出演者も二人という異種な作品だが
無重力空間を特殊技術を駆使して撮影し大ヒット
映画大国ハリウッドならでは、その創造力を見せ付ける。

スペースシャトル「エクスプローラー号」
  ライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)スキャンシステムテスト
     イリノイ州レイクズーリック在住 娘サラ(4)鬼ごっこ中事故で亡くす
  マット・コワルスキー中尉(ジョージ・クルーニー) 一人乗り船外活動ユニット試乗
  シャリフ 破片直撃 顔陥没
ヒューストン管制(声のみ)(エド・ハリス)

通信パネルを船外で修理中、ロシアが自国の衛星を破壊した処、
連鎖的に破壊された放送衛星の破片が多数襲来
エクスプローラー号壊滅 乗員死亡 管制との通信不通
ジョージ・クルーニーも上映30分程度で宇宙の彼方へ

ISS(国際宇宙ステーション)→中国の宇宙ステーション「天宮」
     宇宙船「ソユーズ」         宇宙船「紙舟」

苦難の連鎖
ISS火災発生 「ソユーズ」パラシュートのワイヤー絡まり 燃料切れ
ロシアの破片 90分周期で再来
AM無線で交信 地球の電波を拾ろい、アニンガの声を聴く
死を覚悟したストーン博士の幻覚の中、
死んだ筈のマット(クルーニー)が再登場(45分頃)
奇跡的に生きていたのかと思わせる
本当に生きていたら、薄っぺらなコメディになってしまう

マットの助言を聞き、再トライ
着陸は発射と同じ 「ソユーズ」の逆噴射装置を利用して「天宮」に移動
中国の宇宙船「紙舟」で大気圏突入 海に着水 地球帰還

知っておこう
・ Gravity = 重力
・ 無人の宇宙ステーションでも帰還用の宇宙船が用意されている
・ 無重力状態では火の玉も水泡みたいに遊泳する
・ 無重力状態では消火器を使って移動出来る
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年07月14日(土)05:30:26
ブログパーツ

Comment 3

There are no comments yet.

Hiro  

>masalaさん

TB有難うございました。
地球生還、無重力状態から解放されて歩行が覚束ないストーン博士
しかし、そこには、生への喜びがひしひしと感じられた。

2015/01/11 (Sun) 20:36

Hiro  

>オリーブリーさん

TB有難うございました。
>宇宙服を脱いだサンドラの完璧なボディと“胎児”のような
>安堵を思わせる浮遊が絶妙!
まさしく!宇宙遊泳したくなります(笑)
宇宙服の着脱が、とても簡単に出来るのにも驚いた。

2015/01/14 (Wed) 03:31

Hiro  

>ノラネコさん

TB有難うございました。
観客に宇宙空間を記事体験させてくれる稀有な作品となった。

2015/01/21 (Wed) 21:23

Leave a comment

Trackback 3

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 映画「ゼロ・グラビティ」@ワーナーブラザース映画試写室
  •  今回私はYahoo!映画ユーザーレビュアー試写会に招かれた。客入りは85%位だ。映画は3D版が上映された。             映画の話    メディカル・エンジニアのライアン・ストーン博士とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキーは地球から600キロ上空で周回しているスペースシャトルで船外ミッションを行っていた。しかし、突発的なトラブルが発生し、ふたりは無重力空間に放り出される。
  • 2015.01.11 (Sun) 12:29 | 新・辛口映画館
この記事へのトラックバック
  • ゼロ・グラビティ
  • 地上600kmの上空で地球を周回するスペースシャトル。 初めてのミッションとなるメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)は、ベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)のサポートを受けながら、船外での修理作業に当たっていた。 その時、ロシアが自国の衛星を爆破したことで大量の破片が軌道上に散乱、猛烈なスピードでスペースシャトルを襲う。 ...
  • 2015.01.13 (Tue) 14:33 | 心のままに映画の風景
この記事へのトラックバック
  • ゼロ・グラビティ・・・・・評価額1800円
  • 生きろ。大地を踏みしめるまで。 メキシコの鬼才、アルフォンソ・キュアロン監督の、「トゥモロー・ワールド」以来となる最新作は、地上600キロの宇宙を舞台としたサバイバルサスペンス。 無限に広がる空間に、たった一人取り残される恐怖。 手を伸ばせば届きそうな地球に、帰れないという無情。 撮影技術の開発だけで四年半を費やしたという、体感する3D映像は圧巻の仕上がりだ。 まるで自分が本当...
  • 2015.01.20 (Tue) 21:40 | ノラネコの呑んで観るシネマ