『青天の霹靂』

青天の霹靂
自分の惨めさに人生を諦め掛けていた
売れないマジシャンが、雷に打たれ、
40年前の浅草にタイプスリップ、当時の両親に出会う...

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

原作:劇団ひとり
劇団ひとりの初監督作品。原作・共同脚本・出演の4役兼務。

轟晴夫(大泉洋)売れないマジシャン
  マジックバーのぶきちのバーテンダー
  店長(パルト小石)同僚(柄本佑)
  後輩サワダ(白井悠介)TVで活躍 プロデューサー斎藤と来店

荒川東警察署より父親が線路高架下で脳溢血死したとの知らせ
  矢部刑事(中村育二)
青空から一筋の雷が放たれ40年前の浅草にタイムスリップ
  昭和48年10月5日(金)
  あさくさ雷門ホール 支配人(風間杜夫)

  父 轟正太郎(劇団ひとり)中国人マジシャン”チン”
  母 花村悦子(柴咲コウ)助手
    妊娠 胎盤剥離 担当医(笹野高史)
  晴夫 インド人マジシャン”ペペ”としてコンビを組む

  小4年 父親に教わったコインマジックをクラスで披露
  初バレンタインチョコを貰うが、
  冷蔵庫に入れておいたチョコを父親に食べられてしまう。

  翌5月10日 悦子は晴夫を出産後死亡
  「悦子さんは生きる理由です! そんな母さんの子供に生まれて来て良かった」
  正太郎は、晴夫に浮気が元で母親が出て行ったと息子に話す。
  時間が自由になるラブホのベットメイキングに転職
  晴夫 高校卒業後、家出し疎遠 真相を知り、そんな父親に一言「ありがとう」

警察を騙すホームレス = 正太郎は死んではいなかった
  別の遺体を使って警察に晴夫の消息を探させたのだ

チャップリンのようなコメディアン出身の俳優による悲劇と喜劇が同居する役柄に大泉洋
気が強いしっかり者の芸人の妻役に柴咲コウ(劇中何度も劇団ひとりを平手打ち)
配役がイメージ通り。

≪ 予告編 ≫
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2016年11月20日(日)03:36:45
ブログパーツ

Comment 5

There are no comments yet.

Hiro  

>佐藤秀さん

TB有難うございました。
どんな風にタイムスリップするかと思ったら、タイトル通り、晴天の霹靂でした。

2015/04/17 (Fri) 00:16

Hiro  

>masalaさん

TB有難うございました。
劇団ひとりの初監督作品 初監督作品とは思えない完成度
『陰日向に咲く』と合わせて監督二作目と勘違いしてしまう。

2015/04/17 (Fri) 00:23

Hiro  

>かのんさん

TB有難うございました。
スプーン曲げのトリックはその場で直ぐ出来ちゃうものなの?
種明かしが欲しいなぁ...

2015/04/17 (Fri) 00:28

Hiro  

>mia☆miaさん

TB有難うございました。
ユリ・ゲラーとノストラダムスのブームは同時期だったんだぁと思い起こす。

2015/04/17 (Fri) 00:34

Hiro  

>ケントさん

TB有難うございました。
タイムスリップものは、時代を再現するのが大変ですね。

2015/04/19 (Sun) 10:51

Leave a comment

Trackback 5

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 青天の霹靂
  • 公式サイト。劇団ひとり原作・監督・出演。大泉洋、柴咲コウ、風間杜夫、笹野高史。タイムスリップと言ってもSFでもない。かと言って、ファンタジーと言うほどでもなし。そもそも ...
  • 2015.04.13 (Mon) 23:12 | 佐藤秀の徒然幻視録
この記事へのトラックバック
  • 映画「青天の霹靂」@東宝試写室
  •  今回は「Yahoo!映画」ユーザーレビュアー試写会に招かれた、客入りは9割位だ。映画上映後には二人の制作者と観客のティーチインが行われた。
  • 2015.04.13 (Mon) 23:37 | 新・辛口映画館
この記事へのトラックバック
  • 青天の霹靂/大泉洋
  • ちょっとテレビで宣伝し過ぎな感もありますが、大泉洋さんも劇団ひとりさんも面白いのでついつい観てしまうんですよね。さらに柴咲コウさんも加わった先日の「ボクらの時代」のト ...
  • 2015.04.14 (Tue) 08:54 | カノンな日々
この記事へのトラックバック
  • 青天の霹靂
  • 青天の霹靂(2010/08/27)劇団ひとり商品詳細を見る 【seiten no hekireki】 制作国:日本  制作年:2014年 「普通の日常」を手に入れることすら難しいと思い始めていた売れない マジシャン晴夫。母には捨てられ父とは絶縁状態だったが突然、その父の訃報を聞く。 生きることの難しさを痛感していたところ雷に打たれ昭和40年代にタイムスリップする。 そこで、若...
  • 2015.04.14 (Tue) 18:35 | miaのmovie★DIARY
この記事へのトラックバック
  • 青天の霹靂
  • ★★★★ 製作:2014年 日本 上映時間:96分 監督:劇団ひとり  劇団ひとりが原作、脚本、監督、準主演を手掛けた作品であり、彼の器用さにほとほと感心してしまう作品である。ただ無理もないことなのだが、先の見え過ぎたストーリー展開や、素人ぽいカメラワーク
  • 2015.04.17 (Fri) 21:53 | ケントのたそがれ劇場