cinema-days 映画な日々

『ソウォン/願い』

2015/04/20
ソル・ギョング オム・ジウォン
ソウォン/願い
幼女暴行事件の被害者家族の
苦しみと再生を描いたサスペンスドラマ

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

英題:HOPE[SO-WON]

【スポンサーリンク】
2008年に韓国で実際に起きた幼女暴行事件とその裁判結果を基に、
被害者家族の苦しみと再生を描いた衝撃作
「辛い目に遭った人が笑顔でいるのは、周りの人に辛い思いをさせない為だ」

ソウォン文具・雑貨店
父イム・ドンフン(ソル・ギョング 先日『ザ・スパイ シークレット・ライズ』を観たばかり)
 工場勤務 工場長(キム・サンホ)金銭援助
   妻(ラ・ミラン)保護者会 副会長
   息子ヨンソク(キム・ドヨプ)頭でっかち
   雨の日一緒に登校しなかった事を悔いる
母ミヒ(オム・ジウォン 『トンケの蒼い空』で紹介)第二子妊娠
娘ソウォン(8)(イ・レ)雨の日登校途中暴行を受ける
 大腸切除 人工肛門
 好きなキャラクター ココモン アロミ ケロ

心理療法士(キム・ヘスク)ひまわりセンター
 子供16歳で自殺 後追い車ごと川に 車椅子
犯人チェ容疑者(51)(カン・ソンヘ)3ケ月で再犯
 アルコール依存 記憶にないと主張 判決懲役12年
 ソル・ギョングが暴走 私刑に走る展開にはならなかった(笑)

心を閉ざした娘と何とか接しようと着ぐるみで奮闘する父ソル・ギョング
愛娘を傷付けられ憤怒の母オム・ジウォンが上手い
父親命名:娘ソウォン(願い) 第二子母親命名:ソマン(望み)

≪ 予告編 ≫
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【洋画】[サ行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【洋画】[サ行]

コメント歓迎!! 2

まだ、コメントはございません。

Hiro

>真紅さん

TB有難うございました。
>朝起きたら、元に戻っていて欲しい。
>世界中の人が、同じ目に遭えばいいのに。
絶望的な状況、この気持ち判りますね。

2015/04/22 (Wed) 02:01

Hiro

>ケントさん

TB有難うございました。
あの暴行犯は、結局泥酔で記憶がないフリをして、
罪の低減を謀った極悪人だったんですね。

2015/04/29 (Wed) 20:00

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

トラックバックできます!! 2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) 何のために生まれてきたのか~『ソウォン/願い』

 HOPE  ソウォン(イ・レ)は8歳の小学生。パパ(ソル・ギョング)はテレビでプロ野球 を観るのが大好きな工員。ママ(オム・ジウォン)は雑貨店を営み、いつも忙 しい。夏休みも近いある雨の朝、登校途中のソウォンは酒臭い男に 「傘に 入れてくれ」 と声をかけられる。  韓国映画を観るようになったきっかけは色々あるけれど、やはり、イ・チャ ンドン監督&ソル...

2015/04/21 (Tue) 12:47 by 真紅のthinkingdays
ソウォン/願い

★★★★ 製作:2013年 韓国 上映時間:123分 監督:イ・ジュンイク  2008年に韓国で発生した幼女暴行事件を題材とした社会派人間ドラマである。まずは痛々しい被害者を演じた子役の少女に拍手喝采を送りたい。 またこの事件自体はドロドロとしているものの

2015/04/28 (Tue) 09:40 by ケントのたそがれ劇場
更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook