浜省 オリジナルアルバム18年半ぶり首位

Journey of a Songwriter ~ 旅するソングライター
’05年7月発売の『My First Love』(最高位2位)以来
約10年ぶりのオリジナルアルバム。
レコーディングだけで2年を費やした力作。
1月に公開した映画『アゲイン28年目の甲子園』の
主題歌「夢のつづき」(初の映画主題歌)を含む全17曲を収録。
御年62歳 来年ソロデビュー40周年 浜省節復活が嬉しい。
9月からは全国ツアーを予定

初週で8.0万枚を売り上げ、5/11付週間アルバムランキング1位に初登場。
オリジナルアルバムの首位は、96年11/25付の『青空の扉』(1996年11月発売)以来18年半ぶり。
浜田省吾のシングル・アルバムを通じ首位は、2000年11/20付のベストアルバム
『The History of Shogo Hamada“Since 1975”』(2000年11月発売)以来14年半ぶりで、
アルバムの首位は通算9作目。

オリジナルアルバム首位インターバル記録更新
これまでマドンナが保持していた記録である17年11ヶ月
(90年6/25付『アイム・ブレスレス』~08年5/12付『ハード・キャンディー』)を
7ヶ月更新し、同記録で歴代1位獲得

≪ インターバル記録TOP3 ≫
1.浜田省吾…18年6ヶ月
 (96年11/25付『青空の扉』~本作)
2.マドンナ…17年11ヶ月
 (90年6/25付『アイム・ブレスレス』~08年5/12付『ハード・キャンディー』)
3.徳永英明…17年7ヶ月
 (91年10/14付『Revolution』~09年5/18付『WE ALL』)
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年04月30日(火)00:44:28
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment