URL エンコード

 Shift_JIS → EUC-JP で頓挫。
 そのままで、妥協してしまった。

URLエンコードと検索エンジン
エンコード(エンコーディング)とは、データを任意のコードに変換する事で、
元に戻す事はデコード(デコーディング)と言う。

URLエンコーディングとは・・・・・
URLのオプション部に英字・数字・特定の記号(ハイフン・ピリオド・アンダー
スコア・チルダ)以外を指定する場合に、そのコードが特別な意味を
持つ事を避ける為に、16進数表現でエンコードする方式の事を言う。
従って、日本語の全角文字などもエンコードの対象となる。
尚、スペース(半角空白)のエンコードは例外で +(プラス)に置き換えて表現する。

エンコードの書式は %nn (nnは16進数表現)
これで1バイトを表現する。
(例) http:// ⇒ http%3A%2F%2F
    チラシ ⇒ %E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7(Google)

「URLエンコーディング」は、最新の規格(RFC 3986)では
「パーセントエンコーディング」と呼ばれている。
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: -0001年11月30日(水)00:00:00
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment