『リベンジ・マッチ』

リベンジ・マッチ
過去に遺恨を残した宿命のライバルが、
30年ぶりにリングで対決する...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:Grudge Match(遺恨の対決)
アカデミー賞を受賞したボクシング映画の代表作を持つ二人の対決
 シルベスター・スタローン:『ロッキー』(1976年)ロッキー・バルボア
 ロバート・デ=ニーロ:『レイジング・ブル』(1980年)ジェイク・ラモッタ

舞台:ピッツバーグ
元ライトヘビー級チャンピオン
ヘンリー・“レーザー”・シャープ(シルベスター・スタローン 67歳)
  赤コーナー成績:9年間33勝1敗 右目網膜剥離
  造船所勤務 廃材で犬等オブジェ作り
    解雇された同僚ウォルター(フレデリック・ダグラス・プラキット・Jr)
  トレーナー:ルイス・“稲妻”・コンロン(アラン・アーキン) 普段は車椅子
  恋人サリー・ローズ(キム・ベイシンガー)当て付けでキッドと浮気した過去有り
    帰宅途中 事故る 右目失明で運転ってヤバくない!?

ビリー・“ザ・キッド”・マクドネン(ロバート・デ=ニーロ 70歳)
  青コーナー成績:12年間41勝1敗
  自動車販売とレストラン経営
  トレーナー:息子B.J..ジョン・バーンサル)州立大アメフトコーチ
    母サリー(『あの日、欲望の大地で』では老けて見えたが、今作品では復活)
    息子トレイ(8)(カムデン・グレイ) 預かった孫をバーに連れて行きトラブル
    名トレーナー フランキー・ブライト(LL.クール・J)断る

プロモーター ダンテ・スレート・Jr(ケヴィン・ハート)父の汚名雪辱
  会場:18,000人収容 TV中継2局

過去の対戦成績
 ① 1982年3月27日 キッド
 ② 1984年7月4日 レーザー
 30年ぶりの因縁の対決 12月15日
 10R 審判結果 2:1 レーザー
 パティロ審判 92 VS 91 レーザー
 カパラ審判 90 VS 91 キッド
 ロザリオ審判 91 VS 89 レーザー

エンディングロールには、マイク・タイソン イベンダー・ホリフィールドも登場するオマケ付き

関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年07月16日(月)01:54:46
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment