『キャプテン・フィリップス』 2015年10月10日(土)22:37:47

キャプテン・フィリップス
乗組員の解放を条件に自らが拘束される事を
選んだ船長と、ソマリア人海賊との攻防を描く...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原作:リチャード・フィリップス
2009年ソマリア海賊人質事件の実話に基づく映画化

マースク・アラバマ号 乗組員20名
 積荷は2400トンの貨物 200トンの食糧 166トンの水 燃料を250トンを搭載
船長リチャード・フィリップス(トム・ハンクス)“アイリッシュ“
 妻アンドレア(キャサリン・キーナー) 子供二人ダニー
 偽無線・放水・金庫の3万ドルで交渉などで対応
 救助艇「座席は15番だ」
副船長シェーン(マイケル・チャーナス)
機関長マイク・ペリー(デヴィッド・ウォーショフスキー)

米駆逐艦ベインブリッジ号
艦長フランク・カステラーノ(ユル・ヴァスケス)
シールズ指揮官ヒックス大尉(マックス・マーティーニ)ハイスピード作戦

海賊
リーダー アブディワリ・ムセ(バーカッド・アブディ)漁師
 村の長老に海賊を強要される
 10代半ばの少年 アダン・ビラル(バーカッド・アブディラマン)裸足でガラスの破片刺さる
 他村から参加 ノール・ナジェ(ファイサル・アメッド)気性が荒く暴力的 ムセと対立
 救助艇操縦係 ワリド・エルミ(マハト・M・アリ)
母艦フーファン(イサック・ファラー・サマター)他船アサド(モハメド・アリ)

ラスト
フィリップス船長を人質に救助艇でソマリアに向かうが...
ムセはシールズにより逮捕 他の3人は射殺される

乗員の安全を第一に的確な判断を下すフィリップス船長
救出時の慟哭シーンは秀逸

エンドロール
リチャード・フィリップスは2009年4月17日
ヴァーモント州に帰省、家族との再会を果す。
主犯のムセは33年の刑に処せられ、
インディアナ州の刑務所に服役中。
2010年7月25日リチャード・フィリップスは海上活動に復帰。
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 トム・ハンクス  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。
最終更新日時: 2015年10月11日(日)10:52:56ブログパーツ このページのトップへ

コメントの投稿 [0件]

非公開コメント

 商品検索

タグ [上位30件]



 カテゴリ&月別一覧
 
 最新記事紹介
『破門 ふたりのヤクビョーガミ』 2017/10/22
視察研修2017年 2017/10/20
『刑事ゆがみ』 第二話 2017/10/19
『スタンドオフ(2016) 』 2017/10/19
『金メダル男』 2017/10/15
「ブラック星博士の東海征服計画2017」 2017/10/15
『ブラック・ファイル 野心の代償』 2017/10/14
『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』 2017/10/13
ペイントで丸枠写真を移し替える方法 2017/10/12
博物館 明治村 (2017年) 2017/10/09
 週間人気記事
 Trackback
 Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第76位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第37位
アクセスランキングを見る>>