『ロストID』

ロストID
知らない間に自分の公的IDが流出、テロや犯罪に利用されてしまうという
オランダのクライムアクション(オランダ語の作品)

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Bellicher: Cel 原作:チャールズ・デンテックス
公的IDを盗まれた男が、轢き逃げ犯として警察に拘束され、
ローンの滞納、銀行取引停止と追い詰められる...

マイケル・ベリハー(ダーン・スフーアマンス)バーグ生まれ
  コミュニケーション・コンサルタント
  別れた妻ジェシカ(Aafke Buringh)-再婚相手ヘラルト 渡米予定
  息子キース(ジョースト・コウニング)
モンスター市の女弁護士フーシェ・ファン・ドネー(アニエック・フェイファー)

依頼人
ウォルバート・アラート(マーク・クライン・エシンク)水死
  100人余りのID盗難データを入手した為殺される
 運転手リシャール・アラート(ティム・ミュルク)
  憐れ!ウォルバートの告別式に供えられた花輪にセットされた爆弾と共に死す

総合所法保安局
局長ハンス・ブロークマン(ブラム・クープマン)
外注スタイナー(フープ・スターペル)保安活動の為、非合法活動担当
  ツヴァール兄弟(ルード、ダニー、ステフ)公的ID収集
  ダニー(サン・デンハルトーホ )がチェロキーで少女を轢き逃げ
  買手アムスタバラ建設会社
広報アルゴ 暗号化キー提供

悪徳刑事ジョーンズ(リクル・ミュース)ウエストランド警察
  車椅子のルード(Gijs Naber)の首をひねり殺害
  スタイナーに絞殺される

トマトのビニールハウス栽培~競リ会場の追跡シーンは新鮮だった。
トマトのビニールハウス栽培と言えば、
永島敏行 石田えり共演の『遠雷』を思い出すくらいか(笑)。
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年07月16日(月)02:02:39
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment