『海難1890』

海難1890



1890年に起きた和歌山の村人がトルコ人を救ったエルトゥールル号の海難事故と1985年の
戦時のイランからの邦人脱出をトルコの救援機が救った両国の友好を描く真実の物語

個人評価:★★★☆ (3.5P)】 (劇場鑑賞)

日本とトルコの友好125周年記念作品
[前半](全編の2/3程度)
エルトゥールル号海難事故編
オスマン帝国から大日本帝国への親善使節団(乗組員618名)
 オスマン大佐(ウール・ポラト)
 ムスタファ機関大尉(ケナン・エジェ)
 ベキール兵曹(アリジャン・ユジェソイ)ボイラー室担当
  兜(月と日の丸)をお守りとする
  妻出産 男の子 詩吟演奏(伴奏しながら掛け合い)
明治22年(1889年)7月イスタンブル出航 紅海、インド洋超えオスマン提督に昇格
明治23年(1890年)6月7日 日本到着 天皇への謁見 艦内コレラ発生
  レスリング ムスタファ VS ベキール 引き分け
明治23年(1890年)9月15日 横浜港出航
翌16日夜 台風に遭遇 神戸港に向かうが和歌山県紀伊大島沖で座礁
  ボイラー室爆発 生存者69名 ベキール涙壺をムスタファに託す
  数日後、生存者をドイツ軍艦で神戸に移送
  ムスタファは行方不明者の確認、遺留品の回収で残る
  帰国後、ベキールの遺族を訪問 生まれた男の赤ん坊に会う

和歌山県紀伊大島樫野(現:串本町)
村長 佐藤(笹野高史)「こりぁ、大惨事だ」
 村役福島(上田耕一)
医師 田村元貞(内野聖陽)4年前着任(以前は何してたんでしょう)
   「守りたいのは、村の真心だ」
 助手ハル(忽那汐里)海難で恋人を失い失語症
   心臓マッサージでムスタファを蘇生
 親友 藤本源太郎(小澤征悦)海軍士官 ハンコ押し
 守銭奴医師 工藤(竹中直人)
芸妓 サト(かたせ梨乃)
 三代目お雪(夏川結衣)ハルに代わって一肌脱ぐ
村民 平次(徳井優) 信太郎(大東駿介)
   水没仕掛けたムスタファを救出
 ノブ(斉藤とも子 久々)トメ (小林綾子)カツ(三輪ひとみ)
エンドロールで子供たちが清掃している「トルコ軍艦遭難慰霊碑」には
昨年10月訪問 映画化についてはその際、地元で聞いていた。

[後半](全編の1/3程度) 前半から95年後(管理人はこの経緯を知らなかった
テヘラン邦人救出劇編
昭和60年(1985年)イラク大統領のサダム・フセインが停戦合意を破棄
「48時間後にイラン上空を飛行する飛行機を無差別攻撃する」

日本人学校
 校長 竹下(螢雪次朗)
 教師 春海(忽那汐里)
  生徒 木村ヒロユキ 父親(宅間孝行)

日本大使館
 大使 野村(永島敏行) 秘書 山元(金子昇)
 日本からの救援機飛ばず
 日本航空 ・・・ 退路の安全が確保されていない
 自衛隊 ・・・ 国会の承認に時間が掛かる

300人近い日本人残留
 矢野(辻本祐樹)エンジニア
 宮本(高田敏江)生前赴任していた亡き夫のお礼
 

トルコ大使館
 職員 ムラト(ケナン・エジェ)春海にお守り渡す
 メヘラーバード国際空港で日本人救助の演説
 日本人の搭乗を優先しトルコ人は陸路 車で脱出2日間

オザル首相(デニズ・オラル)救援機を増発
「トルコ国民は日本人を救出できた自国を誇りに思う」
「そう言ってくれる国民を私は誇りに思う」
95年前の日本から受けた恩義に対する返礼
「人々の真心が国を動かす」

【 人物相関図 】 (クリックで開閉)
『海難1890』 人物相関図

感動のシーン
① 樫野の村人と助けられたトルコ軍人の別れのシーン
 ナージ楽団員のトランペット スコットランド民謡「故郷の空」
② 救援機のパイロットに全員が志願したシーン
③ 空港で日本人を優先して搭乗させようと人並が分かれるシーン
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年05月06日(月)22:12:21
ブログパーツ

Comment 4

There are no comments yet.

Hiro  

>かのんさん

TB有難うございました。
忽那汐里ちゃんが、前半は失語症、後半は英語と言葉の壁を
乗り越え好演を見せてくれました。

2015/12/15 (Tue) 06:42

Hiro  

>佐藤秀さん

TB有難うございました。
一昨年の10月 樫野埼灯台を訪れ、あの螺旋階段を上った事が
思い出されました。
http://blog-imgs-52.fc2.com/i/w/a/iwa40/nanki5.jpg

2016/01/11 (Mon) 13:15

Hiro  

>masalaさん

TB有難うございました。
正直、劇場鑑賞はパスかなと思っていましたが、
一昨年の旅行で遭難のエピソードは聞いていたので関心は有りました。
それでも、『杉原千畝』とどちらにしようか迷いましたが、正解でした。

イランからの脱出劇と二部構成になっているとは知らずに鑑賞。
より感動の度合いを深めました。お勧めの作品です。

2016/01/11 (Mon) 13:30

Hiro  

千葉県御宿にも同じような場所が存在

出発!ローカル線 聞きこみ発見旅(2019.5.6.)
千葉県 JR内房線・外房線[後半]
ゲスト:熊谷真実 鈴木拓(ドランクドラゴン)

こちらはトルコではなく、メキシコ
それも更に200年くらい前のお話

御宿駅「メキシコ記念塔」
1609年(慶長14年)9月、スペイン領フィリピンの臨時総督の任務を終えたドン・ロドリゴら373名を乗せた帆船サン・フランシスコ号がメキシコ(当時スペイン領)へ向かう途中、嵐に遭遇し、御宿沖で座礁しました。これを見た御宿の人たちは、初めて見る異国の遭難者たちを救出し、献身的に介抱を行った事から日本とメキシコとの交流が始まったという。

https://blog-imgs-111.fc2.com/i/w/a/iwa40/mexicokinen.jpg

2019/05/06 (Mon) 22:52
Hiro

Leave a comment

Trackback 3

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 海難1890/内野聖陽、忽那汐里
  • 日本とトルコの友好125周年を記念して製作された日本・トルコ合作ドラマ。トルコが親日国家となったそのきっかけである1890年の和歌山県沖でのエルトゥールル号海難事故の出来事と198 ...
  • 2015.12.14 (Mon) 08:59 | カノンな日々
この記事へのトラックバック
  • 海難1890
  • 公式サイト。日本=トルコ。田中光敏監督。内野聖陽、忽那汐里、ケナン・エジェ、夏川結衣、小澤征悦、笹野高史、竹中直人、かたせ梨乃、小林綾子、蛍雪次朗。エルトゥールル号遭 ...
  • 2016.01.11 (Mon) 10:03 | 佐藤秀の徒然幻視録
この記事へのトラックバック
  • 「海難1890」@シネマサンシャイン平和島
  •  クリスマスの夜。シネマ6に観客は私一人だけの映画人生初の貸切上映となった。他に観客が居なくノンストレスのはずが逆に落ち着かない。
  • 2016.01.11 (Mon) 13:12 | 新・辛口映画館