第29回日本アカデミー賞(2005年度) 2006年03月03日(金)23:17:26

『ALWAYS 三丁目の夕日』が13部門中12部門獲得。

【作品賞】
ALWAYS 三丁目の夕日
  『北の零年』
  『蝉しぐれ
  『パッチギ!
  『亡国のイージス
  ※当サイトでは『ALWAYS 三丁目の夕日』を
    昨年度のBEST3当確を推奨していた。(H17.11.25)
【監督賞】
  井筒 和幸 『パッチギ!』
  黒土 三男 『蝉しぐれ』
  阪本 順治 『亡国のイージス』
山崎 貴 『ALWAYS 三丁目の夕日』
  行定 勲 『北の零年』
  ※『ジュブナイル』『リターナー』の技術が結実。
    山崎監督曰く「自分の両親に見せたい映画」「親孝行な映画」として製作。
【脚本賞】
  黒土 三男 『蝉しぐれ』
  那須 真知子 『北の零年』
  長谷川 康夫・飯田 健三郎 『亡国のイージス』
  羽原 大介・井筒 和幸 『パッチギ!』
山崎 貴・古沢 良太 『ALWAYS 三丁目の夕日』
  ※昭和三十年代を活写。

【主演男優賞】
  市川 染五郎 『蝉しぐれ』
  真田 広之 『亡国のイージス』
  妻夫木 聡 『春の雪』
  ユースケ・サンタマリア 『交渉人・真下正義』
吉岡 秀隆 『ALWAYS 三丁目の夕日』
  ※吉岡秀隆はいずれ、寺尾聰同様、主演男優賞を獲ると予想していたが、
    この作品で獲るとは …!!
【主演女優賞】
  木村 佳乃 『蝉しぐれ』
  小 雪 『ALWAYS 三丁目の夕日』
  竹内 結子 『春の雪』
  中島 美嘉 『NANA』
吉永 小百合 『北の零年』
  ※吉永4度目の最優秀受賞。
    他の4人は、対抗馬としては役不足でした。
    過去の受賞作品。『おはん』『天国の駅』(’85)
    『つる(鶴)』『華の乱』(’89)『長崎ぶらぶら節』(’01)
【助演男優賞】
  香川 照之 『北の零年』
堤 真一 『ALWAYS 三丁目の夕日』
  寺島 進 『交渉人・真下正義』
  豊川 悦司 『北の零年』
  中井 貴一 『亡国のイージス』
  ※この所の活躍ぶりから堤真一。
    堤は真田が井筒監督の『犬死せしもの』(’86 佐藤浩市共演)に
    出演していた際、付き人をしていたと言う。

[追記]関連エピソード(H29.1.8)
役者の先輩で怖いのは誰かと投げかけられると、佐藤浩市の名前を挙げた。
そのきっかけとして、真田と佐藤が映画『犬死にせしもの』で共演した際、
「途中からどっちの付き人してるかわからないくらい、浩市さんに使われた」
というエピソードを披露。「浩市さんとだけは芝居できない。怖くて恥ずかしくて」
「直立不動ですもん。僕」 先日撮影所で佐藤と偶然会い「おい、真一。なんかやろうぜ」と
共演を提案されるも「お断りします」と即座に断ったと言う。


【助演女優賞】
  石田 ゆり子 『北の零年』
  石原 さとみ 『北の零年』
  大楠 道代 『春の雪』
  寺島 しのぶ 『東京タワー』
薬師丸 ひろ子 『ALWAYS 三丁目の夕日』
  ※薬師丸ひろ子は作品に恵まれました。
   『野性の証明』(’78)から既に30年近く経つのか!?

******************************************

今回の授賞式TV放送について

 ・作品ごとに集団でレッドカーペット入場
 ・スタッフ部門ごとの受賞者集合場面の挿入
 ・壇上の受賞者とテーブル席の共演者との遣り取り

        以上3点に工夫が見られ纏まっていた。

P.S.
 『北の零年』で監督賞にノミネートされた行定勲監督。
 『春の雪』では対象にならず、妻夫木聡・竹内結子が
 主演男女優賞にノミネーションされ、舞台裏では
 席割りに苦労したのでは …
 管理人は”ユキサダ”を”イクサダ”と読み違えていたのでした。
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 日本アカデミー賞  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。
最終更新日時: 2017年01月08日(日)22:27:01ブログパーツ このページのトップへ

トラックバック [2件]


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第29回日本アカデミー賞決定!

今日決定しましたね。主演男優賞、助演男優賞、助演女優賞、作品賞、監督賞、その他もろもろ「ALWAYS 三丁目の夕日」がぶっちぎり。私としては、吉岡君の主演男優賞がうれしかった

日本アカデミー(最優秀賞発表) (旧記事に追記)

作品賞・監督賞 ALWAYS 三丁目の夕日、 外国映画賞 ミリオンダラー・ベイビー

コメントの投稿 [2件]

非公開コメント

>アクセルさん

TB有難う御座います。
12冠獲得は、『Shall We ダンス?』(第20回('97))に次ぐ、
『たそがれ清兵衛』(第26回('03))に並ぶ快挙との事。

外国作品賞は毎回、米アカデミー賞作品賞に倣っていますね。
[淀川長治]

>studioyunfatさん

TB有難う御座いました。
TV放映は助演部門からなので、それまでのスタッフ部門の
受賞経過が後から挿入されますが、会場ではその状況から、
後半には、作品賞の行方は大方判っているのでしょうね。

只、監督さんより俳優さんのインタビューが多くなるのは、
視聴者が映画通と限らないので致し方ないでしょう。
[淀川長治]

 商品検索

 タグ [上位30件]



 カテゴリ&月別一覧
 
 最新記事紹介
『大鹿村騒動記』 2017/11/18
映画『一茶』製作会社が破産 2017/11/15
『マザーズ・デイ』 2017/11/12
Facebook向けサムネイル画像URL追加 2017/11/11
最近気になるCM[26](柴咲コウ) 2017/11/10
『ケンとカズ』 2017/11/09
『君の名は。』 2017/11/08
『ラストレシピ 麒麟の舌の記憶』 2017/11/07
『土竜の唄 香港狂騒曲』 2017/11/06
『侠女』 2017/11/05
 週間人気記事
 Trackback
 Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第58位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第27位
アクセスランキングを見る>>