『ラブストーリーズ エリナーの愛情』

ラブストーリーズ エリナーの愛情
息子を亡くし、川に投身自殺を
図った女性が再生していく姿を描く...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:The Disappearance Of Eleanor Rigby: Her
夫視点版は「ラブストーリーズ コナーの涙」(未見 セットで見る必要がありそう)
製作にジェシカ・チャステインも参加

エリナー・リグビー(ジェシカ・チャステイン)
 息子を亡くし行方を晦ます マンハッタン・ブリッジから川へ投身
 右腕骨折 実家に戻る
 ビートルズの曲名と同じ名前
 大学の授業を聴講する...何歳の設定なんだろう

脇役 演技派で固めました
 父ジュリアン(ウィリアム・ハート)大学教授
 母メアリー(イザベル・ユペール)
 元夫コナー・ラドロー(ジェームズ・マカヴォイ)
  レストラン店閉め、アパート引き払い、父宅に移る
  スタッフ:スチュアート(ビル・ヘイダー)アレクシス(ニナ・アリアンダ)
 妹ケイティ(ジェス・ワイクスラー)法科大学院
    息子フィリップ(8)

フリードマン教授(ヴィオラ・デイヴィス)父の同僚
 講義シーンも出て来るが、内容はさっぱり

ジェシカ・チャステインは撮影時は35歳くらいなので
主人公もそれぐらいか リグビー家はインテリ一家なんですね。
イザベル・ユペールとジェシカ・チャステインの母娘の配役はナイスです。
ラストはエリナーが渡仏

DVD版には、特典として2作を1作に編集した
「THE DISAPPEARANCE OF ELEANOR RIGBY:THEM」も用意されている。
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年07月16日(月)02:05:23
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment