『ある優しき殺人者の記録』

ある優しき殺人者の記録
障害者施設から脱走した連続殺人事件の
指名手配犯から電話で呼び出され、
インタビュー収録に臨む女性ジャーナリスト...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

英題:A record of Sweet Murder
設定:2013年のクリスマスの頃の出来事

パク・サンジュン(27)(ヨン・ジェウク) 1月に障害者施設から脱走
 18人殺しの指名手配犯 実は25人殺し(残り7人は漢江に沈む)
 動機:神の声「27歳になった時、27人殺せば、ユンジンが蘇る」
 1996年12月24日 10歳の時、幼馴染みユンジン車に轢かれ死

キム・ソヨン(キム・コッピ)ジャーナリスト サンジュンの幼馴染み
 日本人カメラマン田代(白石晃士)
 単独インタビュー 廃屋クムリ・マンション502号室
 ユノからの電話 電波不良”ふ・た・り・こ・ろ・せ”

捕えられたカップルからソヨンが書いた記事入手
 神からの啓示 15時40分34秒訪れる日本人カップルを殺せ
 ツカサ(葵つかさ)サンジュンの耳食い千切り
 凌太(米村亮太朗)
 愛あるカップル 首に痣 (痣があったのはサンジュンとソヨン)

ラスト
生き残ったサンジュンが雲が渦巻いた空に見たのは...
路上に突然現れたカメラに映った三人
蘇った!?サンジュン ソヨン ユンジン(パク・チョンユン)
ハッピーエンドの映画を観に出掛ける...



「86分ワンカットの驚愕映像!」
撮影七日間なので、ずっと回してた訳ではない。
長くて7分程度で、大体、ポイントポイントでカットして、
うまく繋がっている様に見せてるそうです。
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年07月18日(木)03:55:34
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment