『ハッピーエンドが書けるまで』

ハッピーエンドが書けるまで
3年前に離婚した妻を忘れられない夫、
両親の離婚から愛を信じなくなった娘、
愛に臆病な息子それぞれの想いを描き出す...

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Stuck in Love
愛を失った父親、愛を信じない娘、愛に臆病な息子
感謝祭(11月の第4木曜日)からの1年間の出来事を描く

ボーゲンズ一家
父ビル(グレッグ・キニア)文学賞歴のある著名小説家
 別れた妻を待つ 以前浮気した際、半年待った妻との約束
 『愛について語るときに我々の語ること』引用
 妻エリカ(ジェニファー・コネリー
   再婚マーティン(ラスティ・ジョイナー)
 ヤリ友トリシア(クリステン・ベル)



娘サマンサ(リリー・コリンズ 『あと1センチの恋』)浮気した母と絶縁
  処女作出版「ピンクの下」
  恋人ルイス(ローガン・ラーマン)同じクラス 愛読書『ヘンショーさんへの手紙』
    母(バーバラ・ウィートマン) 脳腫瘍 病床死去

息子ラスティ(ナット・ウルフ 『パロアルト・ストーリー』)スティーヴン・キング敬愛 愛読書『IT/イット』
  大麻常習
  恋人ケイト(リアナ・リベラト)薬物中毒 アルコール摂取し入所
   元彼グレン(パトリック・シュワルツェネッガー シュワちゃんの息子)
  親友ジェイソン(スペンサー・ブレスリン)

感謝祭の食事 芸達者な役者さんが揃いました。
 2年目:エリカの席を用意するも来ず
 3年目:ルイスも加わる マーティンと別れた!?エリカが戻る
     ケイトは薬物中毒治療中
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2016年06月22日(水)01:19:08
ブログパーツ

Comment 1

There are no comments yet.

Hiro  

>margotさん

TB有難うございました。
地味目なキャスティングだが、若手の注目株を揃え、
それぞれの抱える問題を上手く纏めた佳作でした。

2016/03/14 (Mon) 21:20

Leave a comment

Trackback 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 「ハッピーエンドが書けるまで」
  • Stuck in Love」2012 USA 美しい海辺の町で高校生の息子と暮らす小説家のビルは離婚した妻エリカが忘れられず、彼女が新しい夫と暮らす家を覗き見するのやめることができない。一方で隣人のトリシアとはsexフレンドだが、それ以上でも以下でもない関係。娘サマンサは作家志望の大学生で、時々父親の家にやって来る… ビルに「リトル・ミス・サンシャイン/2006」「グリーン・ゾー...
  • 2016.03.14 (Mon) 13:38 | ヨーロッパ映画を観よう!