『ラスト・エージェント 奪還』

ラスト・エージェント/奪還
機密文書を入手する為、犯罪シンジケートに
息子を誘拐された女性国防大臣は、
元仏の特殊部隊の諜報員に救出を依頼する...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:L'echange
仏版&女性版『エンド・オブ・ホワイトハウス』(2013年)といった作品

ジャック・ブラーナ(ジャック・スティヴァル 脚本兼務)
 元仏特殊部隊GIGN隊員 現在は農業従事者
ナタリー国防大臣(ルシール・ジェラン)
 息子ベン(8)学校の教室から拉致される
 ボディガード ジョー 憐れ敵の銃弾に倒れる
 国防省顧問 シャルル(イヴ・レネ・ボンジュール) 内通

犯罪シンジケート
 リーダー アンナ・マルコヴァ
 部下 イーゴリ 車から落ち、後続車に轢かれる
 世界を支配出来る防衛機密文書657号と交換要求
 パスワードで開封時に自動消滅する細工 シャルルにコード盗み出し命令

普段あまり見ないフランス映画だが、ガンアクションが中々秀逸

ここの所??
① いくら緘口令をひいたとしても、学校から生徒が誘拐されれば大騒ぎにならない??
② 逮捕した女リーダーをヘリで搬送する際、その扱いがいい加減
  ちょっと暴れれば、逃走出来そうな感じでした。

こんなオチ
ベン少年は、ジャックとナタリーの子 また会えるのは良いけど
かなりセンセーショナルなスキャンダルにならないか...
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年12月30日(月)22:28:16
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment