『リーガル・マインド ~裏切りの法廷~』

リーガル・マインド~裏切りの法廷~
敏腕女性弁護士がアルコール依存症でキャリアと娘の養育権を失う。
そんな中、ある殺人事件で有罪判決を受けた女性の弁護を依頼され...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:The Trials of Cate McCall
ケイト・マッコール(ケイト・ベッキンセール)敏腕弁護士 アルコール依存症
 夫ジョシュ(デビッド・ライオンズ) マイクロソフトへ転職 シアトルに引越し
 娘オージー(エイバ・コルカー) 父親に引き取られる
 相棒ベテラン弁護士 ブリッジズ(ニック・ノルティ)

過去の事件
ウィルソン・ジョージ(イザイア・ワシントン) 冤罪で11年服役
  新DNA鑑定で釈放

社会奉仕として受け持たされた事件
レイシー・スタッブス(アナ・アニシモーワ)
  ジェンの頸動脈切断による殺人
   看守によるレイプで移送
  ドリー(アマンダ・アデイ)無期懲役 事件目撃
  真犯人!?ラスティ・バークハート(ブレンダン・セクストン3世)
    ウェルチ(マーク・ペルグリノ)担当刑事と親交 ポーカー仲間

  検事ブリンカホフ(クランシー・ブラウン)
  裁判長ジェームス・サンプター(ジェームズ・クロムウェル)
   ケイトの恩師 なのだが、只の女好き
   物証の所有者誤認・捜索VTRの捏造等から無罪判決

実はレイシーが真犯人 本性はケバい女でした
 刑務所内で読んだ本を流用
 ケイト 訴訟内の不備指摘し、検事と協力 再審 有罪に
 ?? 提出されたあのVTRは何故に1分間削られていたのだろう...
ラスト
 ケイト シアトルに引越し オージーの元へ
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年07月16日(月)02:19:25
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment