『レイルウェイ 運命の旅路』

レイルウェイ 運命の旅路
第二次世界大戦下の捕虜として鉄道建設作業に
駆り出された英国人将校の戦争体験と、その後の人生を描く...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:The Railway Man
原作:エリック・ローマクスの自叙伝(1995年度「エスクァイア」誌にてノンフィクション大賞受賞)
元英国人将校が、数十年後に仇敵の元日本人通訳と再会。積年の恨みや憎しみを乗り越え、
重い決断の末、遂に和解するに至った奇跡の実話

「死の鉄道」 ・・・ 第2次世界大戦中、日本軍がタイとビルマを結ぶべく、
 大勢の外国兵捕虜たちを駆り出して建設を断行した泰緬鉄道415km
 戦争捕虜の内、英国人6,648人とオーストラリア人2,710人が命を落としたとされる
 聞いた事があるストーリーだなと思ったら、小説『クワイ河に虹をかけた男』
 映画『戦場にかける橋』の物語の舞台でした。



1980年 退役軍人クラブ
エリック・ローマクス(コリン・ファース) レイル好き
 パティ(ニコール・キッドマン)に一目惚れ結婚

エリック 戦中のトラウマ発症
フィンレイ”アンクル”(ステラン・スカルスガルド) 鉄道で首吊り自殺
現地で「憲兵戦争博物館」のガイドをする永瀬隆(真田広之)と再会
 左腕を棒で叩き折るかと思ったが... 許す

1942年 シンガポール陥落
若きエリック(ジェレミー・アーヴァイン)英国人捕虜
 鉄道建設に従事 若きフィンレイ(サム・レイド)
 部品を集め、手製ラジオ完成-情報を捕虜間に流す

日本兵に見付かり拷問を受ける
エリック 水責めに Motherと叫ぶ

”通訳”若き永瀬(石田淡朗)
永瀬の上官(北本崇人) こちらの方が気になりました。
2011年 永瀬隆没
2012年10月 エリック・ローマクス 93歳没
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2020年04月11日(土)23:33:18
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment