cinema-days 映画な日々

『野火』

2016/07/25
塚本晋也
野火
第2次世界大戦末期、フィリピンの原野を彷徨う
一人の兵士の目を通して戦場の地獄図を浮き彫りにする...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原作:大岡昇平

【スポンサーリンク】
塚本晋也監督が、市川崑監督が映画化した大岡昇平の「野火」(1959年)を再映画化。
構想20年の末、自主製作

舞台:第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島

田村一等兵(塚本晋也)結核 野戦病院収容
 帰還後、執筆業 妻(中村優子)

伍長(中村達也)弾は当たらないと豪語

安田(リリー・フランキー)足負傷 歩けないフリ タバコ隠し持つ
 永松(森優作) 安田のパシリ 人肉を食う

食料:芋・塩・人肉
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【邦画】[ナ行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【邦画】[ナ行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook