『怒り』

未解決の殺人事件から1年が経過した頃
同時に3ケ所で犯人らしき人物が
浮かび上がる... 果たして誰が犯人なのか

個人評価:★★★☆ (3.5P)】 (劇場鑑賞)

原作:吉田修一
傑作『悪人』から6年 監督・脚本:李相日 ✖ 原作:吉田修一
音楽に坂本龍一参加

八王子夫婦殺害事件 壁に「怒」の血文字
 犯人整形して逃走中
 八王子署担当刑事
 南條邦久警部補(ピエール瀧) 北見壮介巡査部長(三浦貴大)

[千葉編]
父 槙洋平(渡辺謙)漁協長 妻8年前に亡くなる
 娘 愛子(宮崎あおい)歌舞伎町の風俗店から3ケ月ぶりに故郷に連れ戻される
 姪 明日香(池脇千鶴)しっかり者の一児の母(似合うねぇ)
田代哲也(松山ケンイチ)2ケ月前に流れ着く 親の借金から逃げる

[東京編]
藤田優馬(妻夫木聡)大手通信会社勤務のエリート ゲイ
 母 貴子(原日出子)末期癌でホスピスに入院中
大西直人(綾野剛)持病 心臓病
 薫(高畑充希)同じ施設で育つ

  [沖縄編]
小宮山泉(広瀬すず)母と二人で1ケ月前に引っ越して来た高校生
 友人 知念辰哉(佐久本宝)家 民宿「さんご」
田中信吾(森山未來)離島で隠れ住むバックパッカー

【 人物相関図 】 (クリックで開閉)
『怒り』 人物相関図

【管理人のひとこと】
容疑者は三人(松山ケンイチ・綾野剛・森山未來)
予め誰が犯人か、予想して観ると面白いかも...
因みに管理人の予想は、1.松山ケンイチ 2.森山未來 3.綾野剛 だったが...

公開捜査されるモンタージュ写真は、それぞれの俳優さんの合成で出来ていて
程よく一人に特定出来ない作りになっている。
只、殺害シーンの後ろ姿などから、あの人ではないかと予想は出来る。

原作者の要望
「物語の登場人物には、映画『オーシャンズ11』のようなオールスターキャストを配して欲しい」
役者さんの競演も見所の一つだが、やはり、宮崎あおいちゃん(役作りで7kg増量)が凄いかな。

撮影裏話
宮崎あおいちゃんの撮影機関は2週間
妻夫木&綾野は役作りの為、2週間ほど一緒にホテル暮らしをしたそう
森山未來は単身、先に無人島に乗り込んで役作り
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2017年05月30日(火)20:57:04
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment