『チャップリンからの贈りもの』 2016年12月17日(土)23:24:04

チャップリンからの贈りもの
スイスで起こった“チャップリン遺体誘拐事件”を元に
人生どん底の2人が決行した事件の顛末を描く...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:La rancon de la gloire (名声の価格)
舞台:1977年 スイス ヴォー州

オスマン・ブリシャ(ロシュディ・ゼム虚空の鎮魂歌』)市の委託作業員
  クリスマスプレゼントはディアボロ(ジャグリングの道具の一種)
 妻ヌール(ナディーン・ラバキー)右臀部異常入院
  正式に婚姻届けを出していない為、「家族手帳」がない 治療費実費53,150ドル
 娘サミラ(セリ・グマシュ)獣医志望

エディ・リカール(ブノワ・ポールヴールド)出所
 クリスマスに ツリー、白黒テレビ(ナショナル・パナソニック製)プレゼント
 グルノーブルの宿舎放火時にオスマンを助ける
 連日のチャップリン死去ニュースから奇抜な計画を思い付く
 「チャップリンは俺たちの“友だち”だ。“友だち”から、お金を借りよう」
 身代金額:100万ドル → 50万ドル → 5万5千ドル
サーカス団長ローサ(キアラ・マストロヤンニ)
 エディを道化師として採用

喜劇王チャップリン(1889 - 1977.12.25.)
 娘(ドロレス・チャップリン)サクラの逸話
 秘書ジョン・クルーカー(ピーター・コヨーテ 久々に拝見 お顔が変わった!?)
 「チャップリンが生きていたら同じようにするだろう」
 公衆電話ボックスで逮捕され、取調に対し共犯の居場所を明かさないオスマンに耳打ち

【管理人のひとこと】
著名人の遺体誘拐は、マリア・カラスとか、エルヴィス・プレスリーにもあったんだ。
検察求刑 「禁錮5年 15年間の国外追放」 弁護士「チャツプリン家は訴えず」
オスマン一家墓参り 手術費用の返済 「友達優先主義」から「返済優先主義」へ

エンドロール
妻ウーナ・チャップリン(Oona Chaplin)の墓碑(1925 - 1991)
チャップリンの銅像を盗む三人組
[蛇足]
下呂温泉にもチャップリンの座像があり、以前は当ブログのキャラクターにしていました。
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 ロシュディ・ゼム  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。
最終更新日時: 2017年01月10日(火)23:07:55ブログパーツ このページのトップへ

コメントの投稿 [0件]

非公開コメント

 商品検索

タグ [上位30件]



 カテゴリ&月別一覧
 
 最新記事紹介
視察研修2017年 2017/10/20
『刑事ゆがみ』 第二話 2017/10/19
『スタンドオフ(2016) 』 2017/10/19
『金メダル男』 2017/10/15
「ブラック星博士の東海征服計画2017」 2017/10/15
『ブラック・ファイル 野心の代償』 2017/10/14
『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』 2017/10/13
ペイントで丸枠写真を移し替える方法 2017/10/12
博物館 明治村 (2017年) 2017/10/09
『ロング・トレイル!』 2017/10/06
 週間人気記事
 Trackback
 Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第76位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第37位
アクセスランキングを見る>>