WOWOW放映作品や最新劇場公開映画の感想をネタバレ有りで記録しています。

 

『5時から7時の恋人カンケイ』

5時から7時の恋人カンケイ
作家志望の青年が、フランス人の人妻と
彼女の夫公認の不倫関係を始める...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:5 to 7
「5 to 7」= 不倫関係を表す仏語の隠語
舞台:ニューヨーク
I will hold your heart. More tenderly than My Own.
公園のベンチの名言(あなたのハートを優しく抱きしめる)

ブライアン・ブルーム(24)(アントン・イェルチン 2016年6月19日事故死)
 作家の卵 不採用通知を壁にコレクション
 父サム(フランク・ランジェラ)駐車料金に拘る
 母アーリーン(グレン・クローズ)即、アリエルと意気投合

アリエル・ピアポント(33)(ベレニス・マーロウ 『007 スカイフォール』)
 元モデル(11歳~25歳)8年前に引退 ヴァレリーと結婚
 夫ヴァレリー(ランベール・ウィルソン)仏領事館外交官
  息子マーク(7)娘エロディ(6)

ジェーン(25)(オリヴィア・サールビー 『抱きたいカンケイ』)ヴァレリーの公認の浮気相手
 フィラー・ストラウス&ジルー誌編集者
 編集長ジョナサン・ガラッシ(エリック・ストルツ 久々)にブライアンを紹介
 ヴァレリーと別れた後、チェロ奏者と結婚 息子あり



ブライアンのその後
 ニューヨーカー誌の新人賞受賞「ベッキーからの逃亡」(犬の物語)
  賞金6000ドルでディオールの指輪購入 アリエルに求婚
 アリエルとの別れから奮起して執筆した「マーメイド」書店店頭に並ぶ
 キヴァ(ジョサリン・デボアー)と結婚 息子チャーリー(2)
 グッゲンハイム美術館でアリエル一家と再会
  アリエルはしっかりとあの指輪をしているではないか!!

【管理人のひとこと】
 ブライアンの両親が豪華配役(フランク・ランジェラ、グレン・クローズ)
 2つの思い違い
  ○ ブライアンがニューヨーカー誌の新人賞を受賞したのはジェーンらのコネかと勘ぐってしまった。
  ○ ブライアンは別れた者同士ジェーンとくっ付くのかと思ったら違った。
 
三人の身長差が気になったので調べてみた
  アントン・イェルチン 175cm
  ベレニス・マーロウ 175cm
  オリヴィア・サールビー 163cm

ブライアンとアリエルは同じ身長の筈
ベレニス・マーロウはアイメイクをしない方が良い

ブライアンはヴァレリーから貰った”手切金”25万ドルをどうしたのか??

時間を冠した作品で下記2作品を想起
 ○ チャールズ・ブロンソンの『正午から3時まで』(1976年)
 ○ ジェーン・フォンダの『9時から5時まで』(1980年)

  
関連記事
【洋画】 [英数行] カテゴリ内のページ送り】 【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2017年01月07日(土)02:12:24
コメント・トラックバック欄はクリックで開閉致します。
 ■ コメント投稿

Leave a comment

 ■ コメント一覧 0 件

Comment 0

There are no comments yet.
 ■ トラックバック一覧 0 件
【時系列ページ送り】