『ソフィー・マルソーの秘められた出会い』

ソフィー・マルソーの秘められた出会い(邦題)
作家の女性と妻子がいる男性が出会い、
互いに惹かれ合うが...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:Une rencontre(出会い)
エルザ・サントリーニ(ソフィ・マルソー)作家
 既婚者とは付き合わない 出版パーティでピエールと出会う
 共通の友人ジュリアン(アーサー・ベンザケン)
 息子ルイ(ジュール・ベンシェトリ) 寮生活 娘リリー(リリー・タイエブ)
 恋人ユーゴ(25)(ニールス・シュナイダー)
 離婚弁護士マルク(ジョナサン・コーエン)

ピエール・ソラル(フランソワ・クリュゼ避暑地で魔が差して』)刑事弁護士
 妻アンヌ(リサ・アズエロス 本作の監督)アンティーク店 結婚15年
 娘ジャド 息子ベン

ラスト「君とは永遠でいたい」
 二人は偶然、仕事先のイギリスで出会うが、一線を越えない。

【管理人のひとこと】
 さすが、日本ではソフィ・マルソーのネームバリューが強い
 邦題に冠される作品も多い。
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2017年11月16日(木)20:00:58
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment