『花芯』

花芯
親が決めた相手と結婚したものの、
やがて夫の上司と出会って運命の恋に落ち、
禁断の肉欲に溺れていく...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原作:瀬戸内寂聴
舞台:昭和18年 ~ 昭和28年

古川園子(村川絵梨注目の女優】として取り上げ)
 妹 古川蓉子(藤本泉)

婚約者 雨宮清彦(林遣都
 文学 → 工学 転部 徴兵逃れ
 結婚 息子 誠 生まれる おたふくかぜで実家に戻る
 京都支社転勤

越智泰範(安藤政信)雨宮の上司
 大家 北林未亡人(毬谷友子 まりや ともこ)亡夫20年
 越智と長年関係 麻雀仲間

正田(しょうた)(落合モトキ)
 美大生 音大諦め 川辺でアコーディオン



越智に恋する園子
「覗いちゃいけない深淵を覗いちゃったんだわ、私…」

ラスト
 園子と雨宮離婚 雨宮と蓉子 再婚
 昭和28年 母死す

【 管理人のひとこと 】
 見所:村川絵梨の体当たり演技 和服がお似合いです。
 「この映画を受けないと後悔すると思った」
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2017年11月16日(木)20:00:58
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment