『孤狼の血』映画化

孤狼の血 映画化(2018年春公開予定)
内容:暴対法成立以前の昭和の広島を舞台に
「警察小説×『仁義なき戦い』」と評される。

緻密な構成、卓抜したリアリティ、予期せぬ結末。
いやぁ、おもしろい。正統派ハードボイルドに圧倒された。
―― 黒川博行氏(作家)
第69回日本推理作家協会賞受賞作品
監督:白石和彌

配役:
 役所広司:大上章吾 呉原東署の捜査二課のベテラン刑事
 松坂桃李:日岡秀一 大上の相棒となる新人刑事
 江口洋介:一之瀬守孝 少数精鋭の尾谷組の若頭
 石橋蓮司:五十子正平 仁正会系の五十子会の組長
 真木よう子:高木里佳子 クラブ「リコ」のママ
 滝藤賢一:広島県警の監察官
 田口トモロヲ:呉原東署の捜査ニ課の主任



役所:「脚本では、原作のハードボイルドに白石監督の世界を足し、
もっとアウトローな映画になります。人間臭いユーモアもあって魅力的です」
管理人は、江口洋介の姿に、佐々木譲原作をドラマ化した『警官の血』を思い出した。
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2017年11月16日(木)20:00:58
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment