『リップヴァンウィンクルの花嫁』

リップヴァンウィンクルの花嫁
派遣教員がSNSで知り合った男性と結婚。義母に浮気の罪を被せられ、
家を追い出され離婚。何でも屋の仲介でメイドの仕事を始めるが...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)
皆川七海(23)(黒木華)派遣教員
 ハンドルネーム:クラムボン → カムパネルラ (宮沢賢治)
 セイリン中学 マイク持って授業しクビ 派遣元担当者(野間口徹)
 父 皆川博徳(金田明夫)
 母 皆川晴海(毬谷友子)離婚し長野に住む

鶴岡鉄也(地曵豪)SNSで知り合い結婚 マザコン
 母 鶴岡カヤ子(原日出子)
 浮気相手 教え子 田畑優香-彼氏 高嶋優人(和田聰宏)
 ホテルで密会 撮影・録音-安室が仕組む

安室行舛(綾野剛)何でも屋 式の代理出席仲介
 ハンドネーム:ランパラル

里中真白(Cocco)AV女優 10年 末期乳癌
 ハンドルネーム:リップヴァンウィンクル
 一緒に死んでくれる友人探す 1000万円
  元レストラン 撮影スタジオを賃貸
  有毒ペット飼育:エイ イモガイ クラゲ サソリ ビョーシンタコ
 マネージャー 恒吉冴子(夏目ナナ)
 ペット業者 滑(佐生有語)
 ウェディングドレス店
  店員(中島ひろ子)カメラマン(堀内正美)
 母 里中珠代(りりィ 『追憶』)10年前から疎遠
  昨日観た『さよなら歌舞伎町』同様、AV女優は親には言えない職業でした。

重婚カップル(紀里谷和明 中村ゆり)
 偽家族 父(野口雅弘)母(橘川勝代)弟(黒木辰哉)式後、焼き肉店へ
 七海が真白といったカラオケで歌っていたのは、森田童子「ぼくたちの失敗
 ピアニスト役は『トイレのピエタ』の野田洋次郎

ショパンのノクターンがかかる場面
 ① 上映1時間で 七海と鉄也離婚
  トランクに荷物を詰め、家を出る七海
  ホテルのベットメイク係 → メイド月給100万円
 ② 終盤 珠代がポルノ女優の心境を体験する為、
  安室、七海の前で突然、服を脱ぎ出す

【 管理人のひとこと 】
 上映時間 3時間の長尺 七海の離婚迄で1時間
 タイトルの「リップヴァンウィンクル」はCoccoの事でした。
 結局、安室は七海の見方だったのか!?只、金の為に動いていただけなのか!?
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年03月24日(日)22:55:43
ブログパーツ

Comment 3

There are no comments yet.

Hiro  

>yumemititiさん

TB有難うございました。
ネットを、ここまで利用(信用)出来るかと
現実と仮想の間を描いた作品のようにも思えた。

2017/05/24 (Wed) 00:16

Hiro  

>真紅さん

TB有難うございました。
結婚式の代理出席から、竹野内豊主演の偽装家族もの
『at Home アットホーム』を思い出した。

2017/05/24 (Wed) 00:23

Hiro  

>ノラネコさん

TB有難うございました。
AV歴10年の里中真白は、一体幾ら稼いだのだろう。
豪邸の家賃 七海のメイド代月100万 安室への報酬1000万
存命中に全てを使い切る覚悟だったのだろう...

2017/05/25 (Thu) 02:20

Leave a comment

Trackback 3

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • リップヴァンウィンクルの花嫁
  •  久々の岩井俊二監督が黒木華を新たなミューズに迎えた新作。なんとも言えない不思議な世界に、黒木、綾野剛の演技は見応えがあったけど、BGMがちょっとうるさかった点がマイナスでした。  作品情報 2016年日本映画 監督:岩井俊二 出演:黒木華、綾野剛、Cocco 上…
  • 2017.05.22 (Mon) 02:10 | 映画好きパパの鑑賞日記
この記事へのトラックバック
  • りりィ(・シュシュ)の子どもたち~『リップヴァンウィンクルの花嫁』
  •  岩手県花巻市出身の皆川七海(黒木華)は、東京で派遣教員をしながらコン ビニでもバイトをしている内気な女性。地元出身の作家・宮沢賢治が好きな彼 女のHNは ”クラムボン”。SNSで知り合った鉄也(地曵豪)と結婚することに なったものの、親戚が少ない七海は、これもSNSで知り合った ”ランバラル”  こと、何でも屋の安室行舛(綾野剛)に代理出席を依頼するのだったが・・・。  ...
  • 2017.05.22 (Mon) 12:45 | 真紅のthinkingdays
この記事へのトラックバック
  • リップヴァンウィンクルの花嫁・・・・・評価額1750円
  • なぜ彼女は、フォークロアの住人となったのか。 残酷で切なく美しい、3時間の大力作。 異才・岩井俊二監督が、「花とアリス」以来12年ぶりに国内で発表した長編実写映画は、驚くべき密度を持った作品だ。 東京で派遣の教師をしている主人公が、厳しい現実によって人生どん底にまで追い詰められ、奇妙な便利屋の導きによって、不思議な世界へと足を踏み入れる。 人はどうしたら幸せになれるのか?幸せはど...
  • 2017.05.24 (Wed) 21:38 | ノラネコの呑んで観るシネマ