『造られた殺人』

造られた殺人
スポンサーを怒らせ、謹慎中の記者が
連続殺人事件に関する大スクープを掴み復帰する。
だが、それが誤報である事に気付き...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

英題:The Exclusive: Beat The Devil's Tattoo (特ダネ:良辰殺人記)
CNBS放送局
 ペク・ヒョンスク女局長(イ・ミスク)
 ムン・ヨンソプ理事(キム・ウィソン 『国選弁護人 ユン・ジンウォン』ホン検事)
社会部
 ユ チーム長(テ・イノ)
 ホ・ムヒョク(チョ・ジョンソク)スポンサー怒らせ謹慎中
  別居中の妻 チョン・スジン(イ・ハナ)妊娠6ケ月
   画廊のキュレーター コ館長(ユン・ダギョン 『私を忘れないで』先輩CA)
   新人画家キム・ピルウォン(ペク・ヒョンジン)の個展準備 → 盗作発覚

連続殺人事件 2年4ケ月で被害者7人
担当刑事オ・ギョンイル班長(ペ・ソンウ)

通報者クララ(エロック・プラッウィ)不法滞在者 報償3万ドル要求
 容疑者 劇団員(ユ・ジョンヨン)
 「良辰(リャンチェン)殺人記」ワン・シウインの小説の一説を犯行メモとして誤報
 スクープとして取り上げられ、謹慎解除 次長に昇格



真犯人 ハン・スンウ(キム・デミョン)中華料理店 料理人 犯行車両:赤い車
 8人目の被害者 チェ・ジョンホ(37)SNS情報提供者
  隣室ソ・ドゥホ(パク・チェイク)真犯人に仕立てられ、ロープに首吊られ窒息死寸前
  ホ記者が救出 ハンと格闘刺殺 9人目の被害者扱い
  監禁されていたスジンを救出

スジン女の子出産 キムの子の可能性
 ホ記者 遺伝子検査センターの検査結果燃やす
 ペク局長に辞表提出するも、保留扱い

【 管理人のひとこと 】
 放送局のサーバーがダウンしたシーンで、皆が拍手していたのは何故かな
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2017年07月17日(月)12:28:26
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment