『ハドソン川の奇跡』

ハドソン川の奇跡
機体不良でハドソン川に不時着陸し乗客全員を救った機長が、
後日、査問会でその判断の正当性を指弾される姿を描く...

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Sully(機長の愛称)
舞台:2009年1月15日 USエアウェイズ1549便 乗員乗客155名
 N.Y.ラガーディア → シャーロット
 バードストライク ・・・ 両翼に鳥が巻き込みエンジン停止

「ハドソン川の奇跡」墜落ではなく不時着
160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如制御不能となった飛行機を、
ハドソン川に不時着させ、“乗員乗客155名全員生存"という驚愕の生還劇を成し遂げる。

チェスリー・“サリー”・サレンバーガー(トム・ハンクス)機長
 フライト歴42年 副業:安全コンサルタント 208秒を査問
 妻 ローリー(ローラ・リニー)住宅ローン有り
ジェフ・スカイルズ(アーロン・エッカート)副操縦士
客室乗務員3人
 シーラ(ジェーン・ガバート)ドナ(アン・キューザック)
 ドリーン(モリー・ヘイガン)
乗客150人
ラガーディア管制塔
 パトリック(パッチ・ダラー)航空管制官

国家運輸安全委員会 (NTSB)事故原因調査
 議長チャールズ・ポーター(マイク・オマリー)
 ベン・エドワーズ(ジェイミー・シェリダン)
 エリザベス・デイヴィス(アンナ・ガン)

機長の判断ミスの可能性 無かった事が証明される
 ① シュミレーション結果:空港に戻る事は可能
  人的要因欠落:前例のないケースに判断時間として35秒設定
 ② 左翼エンジンは作動していた
  回収した左翼エンジンから停止確認
 ③ 操作室音声記録(CVR)再生

応援する人々
 サリーというカクテルを作ったバーテンダー ピート(マイケル・ラパポート)
 キスするメイク係ブレンダ(モリー・バーナード)
 ハグするホテル係エヴリン・メイ(トレイス・チャイモ)

エンドロール 実際の救助風景
 人命救助隊1200人 フェリー7隻
 本物の乗員・乗客紹介

【 管理人のひとこと 】
 ジェフ副操縦士の返しが上手い「やるなら7月」

 両翼のバードストライクの可能性はあるんだね
 もっと乗客の人間模様を盛り込んでくるかと思ったら、
 機長の判断の正当性に絞った演出が見事

 判断ミスとされたら、失業どころか、年金吹っ飛び破産状態か
 それりゃ 機体の損失費用・航空の安全性・社の信用と影響は大きい
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年09月01日(日)05:33:19
ブログパーツ

Comment 5

There are no comments yet.

Hiro  

>みはいるさん

TB有難うございました。
オスカー俳優を活かしきるイーストウッド監督の手腕に敬服

2017/07/23 (Sun) 23:18

Hiro  

>yumemititiさん

TB有難うございました。
ハドソン川はでかいんですね。飛行機が1機不時着しても
充分、川幅がありましたから。日本では、
そうそう、そんな川はないんじゃないかな...

2017/07/23 (Sun) 23:22

Hiro  

>風子さん

TB有難うございました。
機長が査問にかけられる話と聞いて、D.ワシントンの『フライト』みたいに
機長の過失を糾弾する展開かと思っていました。

2017/07/25 (Tue) 00:29

Hiro  

>ここなつさん

TB有難うございました。
サリー機長の凄い所は、マニュアルの手順を無視し、
適切な操作を即断・実行したところでしょう。
想定外の局面に遭ったら、普通は手順書通りしか出来ませんて。

2017/07/25 (Tue) 00:36

Hiro  

>ノラネコさん

TB有難うございました。
イーストウッド監督は『マディソン郡の橋』(1995年)以降、
それまでのような娯楽エンタテイメント性の強い作品は
撮らなくなりましたね。

2017/07/27 (Thu) 22:40

Leave a comment

Trackback 5

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  • ハドソン川の奇跡
  •  2009年にニューヨークで離陸直後の航空機がハドソン川に不時着し、乗員・乗客が無事だった事故は記憶に残っていますが、その裏でこんなことが起きていたとは知りませんでした。イーストウッド監督の乾いて抑制したタッチが魅力です。  作品情報 2016年アメリカ映画 …
  • 2017.07.23 (Sun) 14:07 | 映画好きパパの鑑賞日記
この記事へのトラックバック
  • ハドソン川の奇跡
  • 問われた判断の是非 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/hudson-kiseki 原作: 機長、究極の決断  「ハドソン川」の奇跡 (C.サレンバーガー著/静山社文
  • 2017.07.24 (Mon) 10:43 | 風に吹かれて
この記事へのトラックバック
  • 「ハドソン川の奇跡」
  • 縁あってジャパンプレミアに参加することができた。今回も又舞台挨拶の写真撮り放題で、更にラッキー!最近のSNSなどが大流行りの時代に、効果的にインフルエンスさせるには写真及び動画が最適ツールだと主催者が認識した結果なのかどうかは判らないけれど。肖像権が大流行りだった時代はまだ終わっていないと思うのだが、まあ基本的に観客の性善説にのっとっているという解釈で、喜ばしいことだと思う。登壇者はトム・ハ...
  • 2017.07.24 (Mon) 18:49 | ここなつ映画レビュー
この記事へのトラックバック
  • ショートレビュー「ハドソン川の奇跡・・・・・評価額1650円」
  • プロフェッショナルの矜持。 2009年1月15日、マンハッタン島の西側を流れる極寒のハドソン川に、鳥との衝突によって両エンジンの推力を失ったUSエアウェイズ1549便のエアバスA320が不時着水した。 過去に起こった同様の事故では、ほとんどのケースで多くの犠牲者が出ており、乗員乗客155名全員の生還劇は本作の邦題にもなっている「ハドソン川の奇跡」として、全世界のマスコミで大きく報道さ...
  • 2017.07.27 (Thu) 22:11 | ノラネコの呑んで観るシネマ