『寝ずの番』

寝ずの番
津川雅彦のマキノ姓監督第一回作品。
下ネタ満載の「R-15」指定。

個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞)
生真面目なイメージの強い中井貴一・木村佳乃を中核に配した
キャスティングの妙味が、下世話な噺を笑いに繋いでいる。
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年06月12日(水)00:50:28
ブログパーツ

Comment 1

There are no comments yet.

Hiro  

>163さん

TB有難う御座いました。
津川(マキノ)監督としては、満を持しての初監督作品だったのでしょう。
早くも第二弾に期待したいですね。
[淀川長治]

2006/05/08 (Mon) 00:49

Leave a comment

Trackback 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 映画館「寝ずの番」
  • シモネタ、バンザイの楽しい作品でした!落語家さんたちのお通夜の席は、本当にこんなんじゃないかって勝手に想像しちゃいましたよ~!かなり露骨な表現のシモネタもあるので付き合いだしたばかりのカップルが観たらちょっと恥ずかしいかも~!マキノ雅彦(津川雅彦...
  • 2006.05.08 (Mon) 00:20 | ☆ 163の映画の感想 ☆