『スパイダーマン:ホームカミング』

スパイダーマン:ホームカミング
ピーターがアベンジャーズの研修を受けつつ、
街の犯罪防止活動に活躍。
武器商人トゥームス=バルチャーと対決

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞)

原題:Spider-Man: Homecoming
副題の「ホームカミング」=卒業生を歓迎して行われる催し物

ピーター・パーカー(15)=スパイダーマン(トム・ホランド)
 高校生 アベンジャーズ研修中
 叔母メイ(マリサ・トメイ)
 親友ネッド(ジェイコブ・バタロン)太っちょ PC詳しい
  スパイダーマンの正体を知り協力 スーツの補助輪モード解除

ミッドタウン高校
 モリタ校長(ケネス・チョイ)
学力コンテスト大会
 顧問 ハリントン先生(マーティン・スター)
 リーダー リズ(ローラ・ハリアー)ピーターの憧れの人
 ミシェル・ジョーンズ(ゼンデイヤ)ピーターにちょっかい 続編に期待
 ユージーン(トニー・レヴォロリ)ピーターいじめ 補欠

アベンジャーズ
 トニー・スターク=アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)ピーター指導
  アベンジャーズ・タワーの北部へ引っ越し
  スパイダーマンの特製スーツ用意(内臓AIカレン 声: ジェニファー・コネリー!!)
 ハッピー・ホーガン(ジョン・ファヴロー)運転手兼警備担当
  ピーターの監視係
 キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)教材用教育実習ビデオにて登場

今回の宿敵
 エイドリアン・トゥームス=バルチャー(マイケル・キートン)
  元残骸処理会社の経営者 ダメージコントロール局の介入により失職
  未提出だったチタウリの残骸からハイテク兵器・飛行スーツを開発
  8年後、ピーターに取引現場を見付かる
  何と、トゥームスはリズのおとうさんだった!!
 フィニアス・メイソン =ティンカラー(マイケル・チャーナス)兵器開発担当

見所
 ワシントンDC記念塔 あわやEV落下 級友絶体絶命のピンチ
 ハドソン川のフェリーまっ二つ ピーターの手に負えず、アイアンマン修復

【 管理人のひとこと 】
 スパイダーマン実写版通算第6作目
 トビー・マグワイアからアンドリュー・ガーフィールド
 そして、トム・ホランドと段々軽いキャラに『デッドプール』化

 バルチャー役のマイケル・キートンは、DCコミック
 ティム・バートン監督版『バットマン』(1989年)と
 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』からの発想か(笑)

ラスト
 スパイダーマンのアベンジャーズ入り記者会見の準備でペッパー・ポッツ(久々 グウィネス・パルトロー)登場
 エンドロール後には、キャプテン・アメリカが「忍耐」の必要性を説く
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年07月29日(月)00:15:30
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment