cinema-days 映画な日々

『ヘッドハンター・コーリング』

2017/09/06
ジェラルド・バトラー グレッチェン・モル
ヘッドハンター・コーリング~ [DVD]
ヘッドハンター・コーリング
家庭生活を犠牲にして仕事に邁進して来た男が、
息子の難病を契機に自らの生き方を見つめ直す...

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:A Family Man
邦題:ファミリー・マン ある父の決断
舞台:シカゴ

ヘッドハンティング会社「ブラックリッジ社」
社長エド・ブラックリッジ(ウィレム・デフォー)プラハ旅行
次期社長候補
デイン・ジェンセン(ジェラルド・バトラー 製作兼任)”コブラ”
妻エリース(グレッチェン・モル)専業主婦10年 弟グレッグ借金
 息子ライアン(10)(マックス・ジェンキンス)
 娘ローレン(ジュリア・バターズ) もう一人
部下サムナー・ファイアストーン(ダスティン・ミリガン)”レイス・バノン”

ライバル リン・ヴォーゲル(アリソン・ブリー)

エリース役グレッチェン・モルリン・ヴォーゲル役アリソン・ブリー

ライアンのALL(急性リンパ性白血病)発症発覚
主治医シン先生(アヌパム・カー)シク教徒
 看護担当アントワーヌ(ドウェイン・マーフィー)
仕事人間デイン 変貌
 登録者 ルー・ホイーラー(59)(アルフレッド・モリーナ)を無償で紹介
  妻バーナディン(ミミ・クジーック)
  採用トニ(キャスリーン・マンロー)
 危篤状態ライアンが奇跡的に生還
 夫婦仲修復「愛さないわけがない」
 会社クビ 離職後の同業起業禁止契約破棄独立

ライアンの建築物巡り
① 209ラサール南通り
 ダニエル・バーナム「小さな計画は立てるな。血を沸かせる力もない」
② トリビューン・タワー
③ リグレービル
④ トーマス・ケイン邸
 フランク・ゲーリー「皆が”終わり”だと嘆く時でも、私は”始まり”だと感じる」

【 管理人のひとこと 】
善行を行うと奇跡は起きる かな!?
【スポンサーリンク】
【洋画】[ハ行]
関連記事
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
     シェアする


同カテゴリ  【洋画】[ハ行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form
コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。
更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook