『ユリゴコロ』 2017年09月27日(水)20:43:33

押し入れで見付けた大学ノートは
殺人を心の拠り所にしていた母親の殺人日記だった...

個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞

原作:沼田まほかる
“ユリゴコロ” = 人が生きていく上で欠かせない、誰しもが持つ心の“拠りどころ”

柳原亮介(松坂桃李)カフェ経営
 父 洋介(貴山侑哉)元塾講師(数学)末期膵臓癌
 婚約者 梶浦千絵(清野菜名 『TOKYO TRIBE』で紹介)忽然と姿を消す
  昔の同僚 細谷みつ子(木村多江)
 店員 コウジ アイコ

 母 美紗子(吉高由里子 5年ぶりの映画出演)溺死!?
  中学時代の美紗子(清原果耶) 5歳上の洋介(松山ケンイチ
  料理学校時代の友人 みつ子(佐津川愛美)リストカット常習

【 人物相関図 】 (クリックで開閉)
『ユリゴコロ』 人物相関図

「二つの出会い」
① 鉄蓋事件 美紗子と洋介(5歳違い 後に結婚)
② 失踪した千絵(婚約者)と整形した美紗子(溺死した筈の母親)
  3日前に新宿のホテルの化粧室

「ユリゴコロ」
 父の書斎の押入れの段ボール内で見付けた一冊の大学ノート
 びっしりと書き込まれた一人称で書かれた告白文
 「私のように平気で人を殺す人間は、脳の仕組みが何処か普通の人間と違うのでしょうか」
 ① 小学生時代(平尾菜々花)
   小さな虫等を井戸へ落とす
   友人ミチルちゃん足絡ませ溺死放置
 ② 中学時代(清原果耶)
   側溝に落ちた帽子を拾おうとした少年 鉄蓋に挟まれ圧死
   5歳上の洋介青年 過失致死罪
 ③ 調理師学校時代
   ラーメン屋 成京亭 シロウ(金井勇太)階段蹴り落とし
 ④ 友人 みつ子(佐津川愛美)二人でリストカット
   左手首に三日月形のリストカット痕
 ⑤ 就職先(1年で退職) → 娼婦
   「今何時ですか?」「お金が要るんです」
   シェフ 佐藤 フライパンで殴殺
 ⑥ 美紗子の妊娠発覚 洋介と結婚
  「あなたの優しさには容赦がありませんでした」
   元 出入り業者 田中が脅迫関係を迫るが、青酸カリで薬殺
 ⑦ 細谷として千絵を監禁するヤクザ 塩見
   山千商会の組員壊滅
   犯行現場に残るオナモミ(管理人は勝手に”イガボックリ”と呼んでいる)

【 管理人のひとこと 】
 原作は2011年 美紗子みたいな犯人が2015年に実際に逮捕された。
  「子供の頃から人を殺したいと思っていた」という
  名古屋大学理学部1年生の女子大生

 洋介:松山ケンイチ → 貴山侑哉(最初は生瀬勝久かと勘違い)
 美紗子:清原果耶 → 吉高由里子 → 整形 木村多江

 洋介が美紗子と決別しようとしたダムは群馬県の桐生川ダム
 細谷はどうやってヤクザ情報を入手していたのだろう??
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 吉高由里子 松坂桃李 松山ケンイチ 劇場鑑賞  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。
最終更新日時: 2017年10月04日(水)07:12:50ブログパーツ このページのトップへ

トラックバック [5件]


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ユリゴコロ

人殺しの私を、愛してくれる人がいた。 一冊のノートに記された殺人者の記憶。 それは運命を狂わす、禁断の真実。 上映時間 128分 原作 沼田まほかる 脚本:監督 熊澤尚人 出演 吉高由里子/松坂桃李/佐津川愛美/清野菜名/清原果耶/木村多江/松山ケンイチ 生まれながら...

ユリゴコロ

最近、末期のすい臓がんという設定が多くない?

心のよりどころ。『ユリゴコロ』

ある殺人者の手記を目にした青年の物語です。

『ユリゴコロ』

亮介(松坂桃李)が実家で見つけた一冊のノート。「私のように平気で人を殺す人間は、脳の仕組みがどこか普通と違うのでしょうか……」異様な一文で始まるそのノートは、美紗子(吉高由里子)という女の一人称で綴られた告白文であった。誰しもが生きていくために必要な拠りどころ、彼女のそれは...

『ユリゴコロ』('17初鑑賞108・劇場)

☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 9月29日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン9にて 12:10の回を鑑賞。

コメントの投稿 [5件]

非公開コメント

>kiraさん

TB有難うございました。
リストカットシーンがグロかったなぁ。

>kossyさん

TB有難うございました。
松坂桃李は、亮介の殺人日誌の続きを読みたい感を
絶妙に体現していましたね。

>テクテクさん

TB有難うございました。
美紗子の殺人癖は、一時的であったにせよ、
家族愛で癒されたって事でしょうね。

>kurukuruさん

TB有難うございました。
溺死した筈の母親が生きていたって言うだけでも、衝撃的なのに、
身を潜めていた理由が殺人鬼だなんて驚愕過ぎます...

>みはいるさん

TB有難うございました。
木村多江”美紗子”が一人で、ヤクザ事務所無双
その修羅場シーンもワンカット欲しかったか!?

 商品検索

タグ [上位30件]



 カテゴリ&月別一覧
 
 最新記事紹介
『金メダル男』 2017/10/15
『ブラック・ファイル 野心の代償』 2017/10/14
『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』 2017/10/13
ペイントで丸枠写真を移し替える方法 2017/10/12
博物館 明治村 (2017年) 2017/10/09
『ロング・トレイル!』 2017/10/06
コメント・トラックバック欄の表示変更 2017/10/04
『シークレット・デイ』 2017/10/02
H29年9月鑑賞メーター 2017/10/01
『マイ・ベスト・フレンド』 2017/09/30
 週間人気記事
 Trackback
 Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第66位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第29位
アクセスランキングを見る>>