ブログのSSL対応

FC2ブログをSSL化する際の注意点
1.SSL化する前にテンプレートのに“canonical”で正規URLを記述しておく。
2.Google Searh Consoleに新規URLを登録する。
3.記事本文に記述した内部リンクを新しいものに修正する。
引用サイト:Yahoo seo Google

GoogleアナリティクスとSearch Consoleの設定変更
① IEでは、fc2のサイト番号を取る事が出来なかった。
  Chrome での作業となります。
  因みにプロパティの追加では「タイムゾーンの国や地域」の選択も出来なかった。

② Googleアナリティクスの設定では「ビュー」の変更も行う。
参考サイト:サイトのhttps化が終わった後は、GoogleアナリティクスとSearch Consoleの設定をちゃんと変更しよう

[注意]
Googleアナリティクスの「プロパティの設定」-「デフォルトのURL」
「ビュー設定」-「ウェブサイトのURL」を誤って登録してしまうと、
Google管理者の確認作業後しか、削除出来なくなります。
作業に1ケ月程度要するようなので、よく確認して登録しましょう!!
[その他未対応箇所]
□ サイドバーで掲示板代わりに使っている「ミニブログPIYO」
□ 過去データを引用する外部サービス
  ・ Ranklet(当初、画像が表示されなかった)
  ・ i2i.jp(無料版はSSL対応していない
参考サイト:ブログサイトをSSL化したら、意外と大変だった・・・まとめ
□ ページ送りのスクリプト(書き換えが必要か)

過去の記事は随時、書き換え対応していくしか、なさそうです。
 □ 外部直リンク画像URL
 □ 外部参照スクリプト(script)URL
 □ iframe掲載の元サイトURL
画像切替のスクリプトやAmazon のライブリンク(H30.1.31.でサービス終了となった)が
対象となるので相当数になります。(表示が出来ずに空白となりますがご容赦下さい)

[補記]過去記事の書き換え時の注意(H30.11.7)
画像は単純に「http」を「https」に「s」を付け加えるだけで良いが、
自サイト内のリンクは、これ以外に「blog」のサーバー番号を取る必要がある
「http://id.blog数字.fc2.com/」
これを忘れるとリンク切れになるので要注意(かなりやってしまった
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年11月08日(木)02:42:06
ブログパーツ

Comment 1

There are no comments yet.

Hiro  

自治体サイト6割対応遅れ

日本情報経済社会推進協会によると、多くの自治体は
問い合わせフォームなど一部ページの暗号化はしているが、
全国の地方自治体の6割が、ホームページのセキュリティー
対策の一つである「常時暗号化」への対応が遅れており、
全ページを安全にする常時暗号化は6月上旬時点で37.4%だった。

https://blog-imgs-115.fc2.com/i/w/a/iwa40/ssl.jpg

2018/07/15 (Sun) 23:36
Hiro

Leave a comment