『火花』

二組の漫才コンビの2002年から2012年迄の
10年間の軌跡を描く...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞)

原作:又吉直樹
管理人はいつも通り、原作未読、TV版未見です。
タイトルの「火花」は菅田のコンビ名「スパークス」から来ているんですね。

スパークス
 徳永(菅田将暉)ネタ担当 ボケ役
 相方 山下(川谷修士)徳永を漫才に誘う 突っ込み役
あほんだら
 神谷(桐谷健太)
  同棲相手 真樹(木村文乃)キャバ嬢じゃなく実は風俗嬢だった
  新しい彼氏(高橋努)
 相方 大林(三浦誠己)

常識を覆す漫才
 世間に迎合するのではなく、世間を振り向かせる
 真逆の言葉で観客に真意を伝える(ちょっとシンドかった)

熱海のコンテスト司会(山崎樹範)
優勝者 鹿谷(加藤諒)

【 管理人のひとこと 】
 菅田将暉&桐谷健太が漫才コンビを組む話かと思ったら違った。
 実は風俗嬢だった木村文乃の変顔は必見

 主な舞台は、熱海銀座に吉祥寺
 ”俺たちの旅”の聖地 井の頭公園が何度も登場

 徳永の部屋の壁に貼られている映画ポスター「ドラゴン サッカー」
 本当にありそうなタイトルなのだが...
 
 ラスト 神谷の豊胸オチは原作にもあったのかな??
 要らないエピソードだと思う(これで評価オチ)

エンディング主題歌 『浅草キッド』が最高
唄: 菅田将暉・桐谷健太 作詞作曲:ビートたけし
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2017年11月26日(日)02:05:44
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment