『嘘八百』

嘘八百
阪堺の古物商が、落ちぶれた陶芸家と
タッグを組み、幻の利休の茶器を作り上げ、
一攫千金を狙う詐欺計画を立てる...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞)
寝ずの番』『グッドモーニングショー』の中井貴一と『超高速!参勤交代』シリーズの佐々木蔵之介
芸達者な二人がコンビを組んだ詐欺師映画。もっとアップテンポの作品かと思ったら違った。

小池則夫(中井貴一)大阪堺の古物商
 佐輔らに100万円取られるが、後日タッグを組み棚橋らから1億円巻き上げる。
 別れた妻 大原陽子(堀内敬子)
 娘 いまり(森川葵)

野田佐輔(佐々木蔵之介)落ちぶれた陶芸家
 康子(友近)旦那に愛想尽かし家出
息子 誠治(前野朋哉)ジオラマオタク
 資産家 絹田昭太郎(寺田農)佐輔は時給900円で留守番

詐欺集団
 土竜のマスター(木下ほうか)警察の筆跡鑑定も潜り抜ける達筆
 よっちゃん(坂田利夫)紙に詳しい表具屋
 材木屋(宇野祥平)どんな箱も作る

ターゲット
 棚橋清一郎(近藤正臣)大御所鑑定士
 樋渡忠康(芦屋小雁)骨董店「樋渡開花堂」社長

売買立ち合い
 田中四郎(塚地武雅)博物館学芸員 利休信奉
 文化庁文化財部長(桂雀々)日本の茶器を死守

【 人物相関図 】 (クリックで開閉)
『嘘八百』 人物相関図

【 管理人のひとこと 】
 佐々木蔵之介は寺田農宅で獲物の来訪を待って詐欺を働いていたのなら
 かなり効率が悪かったろう。それにバレたら、今回みたいにすぐ足がついてしまう。

 誠治といまりの結婚式に乱入してくる堀内敬子 突然の展開に唖然
 いまり(森川葵)は小池が相手を安心させる為に商売に連れて歩く設定なので
 高校生くらいかと思ったら、結構、大人でした。
 森川葵:1995年6月17日生まれ 愛知県出身
 『花戦さ』でも、中井貴一・佐々木蔵之介と共演
 誠治役の前野朋哉は蛭子能収を若くした感じ

 小池&野田の詐欺師コンビでシリーズ化も出来なくはないが、
 野田は真っ当な陶芸家として、やってくんだろうな...
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年06月12日(水)01:20:28
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment