『祈りの幕が下りる時』 2018年02月06日(火)23:28:56

前後して起こった2つの殺人事件は
失踪した加賀の母親に繋がっていた...

個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞)

原作:東野圭吾 シリーズ完結編
読後の感想

加賀恭一郎(阿部寛)日本橋署刑事
 亡父 加賀隆正(山﨑努)元刑事
 看護師 金森登紀子(田中麗奈)捜査協力 博美のDNA採取に協力

亡母 田島百合子(伊藤蘭)鬱病家出
 雇い主 宮本康代(烏丸せつこ)スナック「セブン」ママ
 客 綿部俊一 電力技師 → ホームレス

警視庁捜査一課
 部長 石垣(上杉祥三)
 主任 大林(春風亭昇太)
 刑事 坂上(須田邦裕)
 甥 松宮脩平(溝端淳平)

2つの事件
① 葛飾区のアパート女性の絞殺死体
  被害者 押谷道子 明治座で死んだ筈の博美の父親を見付ける
  住人 越川睦夫=浅居忠雄 行方不明
     カレンダーに12の橋の名前 → 加賀の母の遺品と同じ
② 河川敷 ホームレスの焼死体

犯人
 浅居博美(松嶋菜々子/14歳 桜田ひより/20歳 飯豊まりえ)
  舞台演出家 明治座「異聞 曽根崎心中」
  母 浅居厚子(キムラ緑子)借金を残して男と逃げる → 老人ホーム収容
  父 浅居忠雄(小日向文世)タワーから投身自殺 苗村先生が伝播
    実は生きており、毎年、博美と橋の袂で逢う
    手紙連絡「近藤今日子」(近藤真彦+小泉今日子)
    博美が箸で殺した横山一俊(音尾琢真)に成りすまし
    殺害 ① 苗村誠三(及川光博)博美の中学時代の恩師
        ② 押谷道子(中島ひろ子)口封じ
  殺人を犯した父親を扼殺後、一番嫌った焼死に見せ掛ける
  5年前 父親が愛した女性の息子=加賀に取材と称して接近
    剣道雑誌を見て少年に剣道指南依頼

【登場人物相関図】


エンドロール(TV版から カメオ出演)
 米岡彰文(恵俊彰)上川菜穂(杏)田倉慎一(香川照之)

【 管理人のひとこと 】
 阿部寛(身長189 cm)の母親が伊藤蘭(157cm)というのに、ちょっと違和感を感じた。
 及川光博の小日向文世に似せる老けメイクは失敗でしょう
 加賀 日本橋署から捜査一課に異動 新シリーズとして再登場の可能性を残す。
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 阿部寛 松嶋菜々子 劇場鑑賞  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。
最終更新日時: 2018年02月12日(月)14:20:32ブログパーツ このページのトップへ

コメントの投稿 [0件]

非公開コメント

 商品検索

 タグ [上位30件]



 カテゴリ&月別一覧
 
 最新記事紹介
赤川 次郎 著 『キネマの天使 レンズの奥の殺人者』 2018/02/21
『エアポート2017』 2018/02/20
『エアポート2012』 2018/02/19
『潔く柔く』再見 2018/02/18
『セル』 2018/02/17
『ローマ発、しあわせ行き』 2018/02/16
『ニューヨーク、アイラブユー』 2018/02/15
LACHIC CENTURY SESSION 2018/02/14
『ブラッド・ファーザー』 2018/02/14
川地民夫 死去 2018/02/13
 週間人気記事
 Trackback
 Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第76位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第38位
アクセスランキングを見る>>