cinema-days 映画な日々

『ラ・ラ・ランド』

2018/03/07
エマ・ストーン ライアン・ゴズリング
ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション [DVD]
ラ・ラ・ランド
ジャズミュージシャン、女優として成功を
目指す男女の恋を描く...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:La La Land
舞台:ロサンゼルス
冬・春・夏・秋・5年後の冬を描く

ミア・ドーラン(エマ・ストーン)女優志望
 大学中退6年間 オーデション落ち続ける
 コーヒー店でアルバイト
 ルームメイト:トレイシー アレクシス ケイトリン(ソノヤ・ミズノ 『エクス・マキナ』)
 彼氏グレッグ(フィン・ウィットロック)
  兄貴ジョシュ(ジョシュ・ペンス)
 会席を抜け出し、リアルト映画館「理由なき反抗」へ
 一人芝居不評 故郷ボルダー・シティに帰る

セバスチャン(セブ)(ライアン・ゴズリング)ジャズピアニスト志望
 ジャズ専門店「セブズ」を持つ夢
 姉ローラ(ローズマリー・デウィット)
 リプトンズオーナー ビル(J・K・シモンズ)セブをクビに 
 キース(ジョン・レジェンド)昔のバンド仲間
 安定収入の為、ツアー参加 夢を諦めるか
 ミアの芝居に駆け付けるが間に合わず

『ラ・ラ・ランド』

5年後の冬
 ミアは女優として成功 新作「エレノア」
 夫デヴィッド(トム・エヴェレット・スコット)赤ん坊あり

 セバスチャンは自分の店「セブズ」を持つ
 立ち寄ったミア夫妻に「"Mia & Sebastian's Theme" 」を奏でる

【 管理人のひとこと 】
原題の「La La」 はロサンゼルスの事だったんですね。
夕焼けや波止場のシーンが綺麗だった

二人は元さやに戻るかと思ったが...人生そんなに甘くはない
ミア役エマ・ストーンは第89回アカデミー賞主演女優賞獲得
【スポンサーリンク】
【洋画】[ラ行]
関連記事
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
     シェアする


同カテゴリ  【洋画】[ラ行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form
コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。
更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook