『白い闇の女』

白い闇の女
事件記者が未亡人と出会い、家庭を持つ身でありながら
彼女の魅力に抗えず、魔性の女の誘惑に落ちていく姿を
描いた官能サスペンススリラー

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原作:コリン・ハリソン「マンハッタン夜想曲(Manhattan Nocturne)」
舞台:N.Y.マンハッタン

ポーター・レン(エイドリアン・ブロディ)事件記者
 警察が見付けられなかった少女リアンを発見
 妻 リサ(ジェニファー・ビールス 久々)外科医
 娘サリー 息子トミー(3)(トーマス・ベア)
 家政婦ジョセフィン(Arlene A. McGruder)

雇い主 ホッブス(スティーヴン・バーコフ)メディア王
 20歳時、マルセイユで船乗りに切り刻まれる
 キャロラインとの密会映像で脅される → レンに回収命令
  トミー、ジョセフィン(全治1年)襲撃 → リサ実家に戻る
  レンの反撃 代理人キャンベル(フランク・ディール)を脅しホッブスに連絡

キャロライン・クロ−リー(イヴォンヌ・ストラホフスキー)
 亡夫サイモン(キャンベル・スコット)映画監督
  何でもメモリーカードに保存
  電撃婚 半年後不自然死
 9歳(グレイス・ルンハウグ)の時、義父ロン(ケビン・ブレズナハン)に馬ねだる
  1週間暴行を受け 与えられた馬をその場で射殺される
 ホッブスのパーティで知り合ったレンに調査依頼
  警察の調査報告書を見せる 遺体の写真
 レンはガム占い”チャンスは一度だけ”で引き受け



フランク・クローリー(スタン・カープ)サイモンの父 老人ホーム入居
 ノース・シーガル(カリン・コリソン)
  8歳で溺死した息子マイケルがサイモンの同級
  ヘルパー料(週2回訪問)500ドル
  依頼料(メモリカードの送付)5000ドル 残り1個をレンに渡す

事件の真相
 サイモンがホッブスのメモリーカードを入手
 廃ビルでキャロラインに馬の逸話を告白するよう強要
  隣のビル管理ルイス(ポール・アラナス)
  ホッブスが判らなかった最後に残った鍵は廃ビルの南京錠
  地下室537 地下エレベーターにも監視カメラ
 サイモン 1000年以上前栄王朝時代のヒスイの馬像180万ドル相当破壊
  キャロラインに足かせ 鍵を牛乳で飲み込む
 キャロライン ヒスイの破片でサイモンの首刺し、腹掻っ捌き鍵取り出す

ラスト
 キャロライン チャーリーから婚約指輪を貰う
 レンはヒスイの馬頭、南京錠の鍵、メモリーカードのコピーを渡し決別
 一人身となったレンは遠方からリサを見守る...
 
【 管理人のひとこと 】
 探偵みたいな記者レンの少女リアン発見事件の経緯も気になる
 イヴォンヌ・ストラホフスキーの体当たり演技も見どころ

『白い闇の女』
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年03月25日(日)07:22:09
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment