「2018年本屋大賞」

全国の書店員が「最も売りたい本」を選ぶ第15回「本屋大賞」の受賞作品が
4/10発表された。
大賞作品:辻村深月 著 『かがみの孤城

かがみの孤城
かがみの孤城
posted with amazlet at 18.04.11
辻村 深月
ポプラ社
売り上げランキング: 1

今回は一次投票には全国504書店より665人が投票。
二次投票では、311書店 書店員374人が、
ノミネート作品を全て読んだ上でベスト3を推薦理由と共に投票。
第二位 柚月裕子
盤上の向日葵
第三位 今村昌弘
屍人荘の殺人
第四位 原田マハ
たゆたえども沈まず
盤上の向日葵
屍人荘の殺人たゆたえども沈まず
第五位 伊坂幸太郎
AX アックス
第六位 塩田武士
騙し絵の牙
第七位 今村夏子
星の子
AX アックス騙し絵の牙星の子
第八位 知念実希人
崩れる脳を抱きしめて
第九位 村山早紀
百貨の魔法
第十位 小川糸
キラキラ共和国
崩れる脳を抱きしめて百貨の魔法キラキラ共和国
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年04月10日(水)23:01:02
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment